BLOG

花粉から肌を守る!簡単まとめ髪が可愛くきまるヘアアクセ

花粉から肌を守る!簡単まとめ髪が可愛くきまるヘアアクセ

春が近づくのは嬉しいけれど、同時に憂鬱さをもたらすのが花粉。今年も少しずつ、花粉を感じ始める時期にさしかかりました。私も毎年この季節は、せっかく天気がいい日でも外出が億劫になってしまいます。

 

実は、花粉対策の一つに「髪の毛をまとめる」ことがあるのをご存知でしょうか? 室内にいても花粉の存在を感じる……!という人は、もしかすると静電気で髪の毛に花粉が付着しているのかも。

今回は、髪の毛に気を配る花粉対策と、簡単なまとめ髪を一気にお出かけヘアにしてくれる可愛いヘアアクセをご紹介します。憂鬱さを吹き飛ばして、身も心もすっきりとしたお出かけを楽しみましょう!

髪の毛と花粉の関係って?

▲通気性のよいリネンのマスク。 ※花粉・ウイルス対策の効果は検証していません

花粉の対策といえば、マスクや薬を思い浮かべる方が多いはず。でも、意外と忘れがちなのが髪の毛の対策です。

 

特に乾燥しがちなこの季節、髪の毛の表面を覆うキューティクルはうろこ状に剥がれやすくなり、花粉の突起が剥がれたキューティクルに引っかかってしまいます。また髪の毛に静電気が発生していると、さらに花粉が取れにくくなるため、髪の毛の乾燥に苦しむ上に花粉にも苦しめられるという、かなしき悪循環に……。

 

ニキビ対策として「顔回りの髪の毛をまとめる」ことが挙げられるように、デリケートな肌に花粉や汚れのついた髪の毛が当たると肌にダメージを及ぼす原因にもなりかねません。そのためには、なるべく髪の毛が肌に触れないようまとめたり、髪の毛についた花粉をしっかり落とすことが大事になってくるのです。

すぐに実践!髪の毛の花粉対策

どんなに花粉が活発な日でも、仕事やお買い物で日々の外出はまぬがれないもの。でも、日々のちょっとした習慣で、花粉と髪の毛との接点を減らす努力はできます!

今回は、簡単に実践できる3つの習慣をご紹介します。

1、なるべく髪の毛を露出しない!

▲スモークがかった淡いフレンチブルーは、今年の春のトレンドカラー

一番シンプルな方法は、なるべく髪の毛を外気に触れさせないこと。髪の毛を結んだりまとめたりするのが簡単ですが、さらに帽子をかぶるヘアバンドを使って顔回りに髪の毛を触れさせないなどの一工夫で、より花粉との接点が少なくなるはず。前髪がある人は思い切ってヘアピンで留めたり、ふんわりと後ろに持っていくポンパドールスタイルも、目元がすっきりして一石二鳥◎

ロングヘアの人は、ストール・スカーフを使って、乾燥しがちな毛先を隠すのもおすすめです。

2、家に帰ったら、髪と洋服のブラッシング!

家に帰ったとき、髪の毛と洋服についた花粉を落とすのはマスト。静電気の起きにくい動物毛のブラシを使った、ゆっくり丁寧なブラッシングがおすすめ。あまり乱暴にとかすと、逆に花粉が部屋に飛び散るので、玄関で静かに梳かしましょう。

また、「疲れていてすぐにベッドにダイブしたい……」という日も、なるべくぱぱっとシャワーを浴びてしまいましょう。快適な生活空間に花粉を持ち込まないよう、帰宅したら早めのシャワーが吉。

3、油分少なめの流さないトリートメントで髪を保湿!

前段でも紹介したように、乾燥して静電気が発生している髪の毛には、花粉も付着しやすくなります。(洋服もまたしかり。静電気の仕組みと対策についてはこちらの記事もご参考にしてみてください)洗い流さないタイプのトリートメントなどを使って、髪の毛の保湿をしておけば安心。

要注意なのは、油分が多めのトリートメント。かえって髪がべたつき、花粉がくっついてしまうので、油分少なめのさらっとしたタイプがおすすめです。

まとめ髪を簡単におしゃれに!厳選ヘアアクセ

風が強い日は、髪の毛をまとめるのがいいとは分かっていても、こなれ感のあるまとめ髪って、ラフさを演出するのには意外と手間と技術がいるもの。ナチュラル風メイクと同じですね……。

でも、簡単に付けられるヘアアクセを使えば「花粉対策ヘア」から「ちょっと特別なお出かけヘア」にアップグレード! ちょっと憂鬱な気分から、身も心も解放してくれるかも。

まとめ髪アレンジのワンポイントと一緒に、Creemaでみつかるヘアアクセ・ヘアバンドをご紹介します。

簡単こなれアレンジの定番はこれ!ポニーフック

いまやヘアアレンジ定番アイテムのポニーフック。髪の毛の結び目に金具を差し込むだけで、結び目をおしゃれに隠せます。「ただのポニーテールはちょっと味気ない……」「でも飾り付きのヘアゴムだと、飾りを上向きにするのが難しい&面倒……」という普遍的なお悩みを解決してくれる救世主です!

エレガンス|ポニーフック|ダスティブルー

様々な生地をさいて、たっぷりの空気とふんわり編み込む、"咲き編み"アーティストのchikoさんのポニーフック。透け感の美しいオーガンジー生地が、とってもエレガント。淡いサックスブルー、パープルの色は春先にもぴったりで、毎日のお出かけが楽しみになりそうです。写真のように、お団子の根元に差すのもおしゃれ。

私もchikoさんのシュシュを愛用していますが、変色することもへたることもなく、見た目以上に丈夫! 安心して毎日使えます。

春の贈り物 ポニーフック ~ミモザ~

元美容師さんでもあるヘアアクセサリー作家・Tigummaさんは、世界中のリボンやレース、ボタンなどの異素材を組み合わせた1点モノのヘアアクセサリーを手掛けています。ミモザのお花をイメージして作られたこのポニーフックは、春らしい華やかさと、やわらかい雰囲気がぴったりマッチ。パーティーシーンはもちろんですが、日常使いもできる可愛らしさです。

ポニーフック【白鳥の湖】

華やかなスパンコールや上品な刺繍が活かされたアクセサリーを手掛けるSin miedoさん。スペイン語で「大胆不敵」を表すクリエイター名のとおり、クラシカルながらいつもの装いに少し大胆さをプラスしてくれるポニーフックです。美しいブルーグリーンに施された金刺繍が、作品名のバレエ演目を思わせます。春らしいシフォン生地のお洋服や、シンプルな白シャツに合わせるのもおすすめです。

★ワンポイント

ポニーフックを差し込む前にヘアゴムで髪を束ねるときは、少しだけきつめに結ぶのがおすすめ。ゆるめだと、ポニーフックが固定されずにずれてきてしまいます。金具はぐっと奥まで差し込みましょう!

ポニーテールだけではなく、ハーフアップ・お団子に差すのも◎

付けるだけで顔回りが華やぐ!ヘアバンド

さっと被って着用するだけで顔回りの印象が明るくなるヘアバンド。生地や色によって雰囲気が大きく異なるので、いくつ持っていても嬉しいアイテムです。(付け方・アレンジ方法についてはこちらの記事をご覧ください)寝ぐせがついていてもごまかせるので、時間のない朝にも便利です!

【Grey】ミモザ刺繍 リンネ生地のヘアバンド/カチューシャ 【受注製作】

アクセサリー・刺繍作家、aki.no.さんのヘアバンド(※ゴムのないカチューシャタイプも選べるため、オプション変更で選択するのをお忘れなく!)。春夏にもぴったりのリネン地に、一つ一つ丁寧にミモザの刺繍をほどこしています。繊細でナチュラルなイメージが、普段の装いをぐっとおしゃれに見せてくれます。お洋服がシンプルな日も、これ一つあればコーディネートが引き締まりそう。

三つ編みヘアバンド ストライプネイビー

布作家、Maman*Pruneさんのヘアバンドは、三つ編みでボリューム感があるからおしゃれさはもちろん、締め付け感が少なく着け心地が良いのがポイント。ストライプとネイビーの生地を使っており、どんなテイストのファッションにも合わせやすいです。ボブ・ショートヘアの方にもおすすめのデザインです。

リネン*リボンのターバン...墨黒

大人の女性が楽しめる、シンプルで長く使えるターバンを手掛けるtanneさん。季節を問わずに使える淡く優しい印象の黒色で、大きなリボンモチーフもナチュラルに合わせやすくなっております。リボンの両端は浮きにくいよう軽く留めてあるため、風の強い日のお出かけも安心。

★ワンポイント

ヘアバンドあるあるなのが、「一日中付けているとどんどん後ろに下がってきてしまう」というお悩み。特に慣れていない人だと、ヘアバンドを耳にかけるように着用しがちですが、耳の上から被せるようにして着用するとずれにくくなります。

髪が長い方は、低い位置でポニーテールにして、その下にヘアバンドを引っ掛けるとずれ防止になります。簡単なので、ぜひお試しあれ。

まとめ髪のアクセントに◎ヘアピン・コーム

まとめ髪の仕上げに必須のヘアピンやコーム。目立たない色・デザインではなくモチーフの付いたものなら、差すだけでヘアスタイルのアクセントにもなるのでおすすめです。Creemaならではのオリジナリティのある作品をご紹介します。

wave pin マスタード

軽量で使いやすい、ストレスフリーなアクセサリーを手掛けるciimさんのヘアピン。モチーフ部分からシンプルなラインがゆるやかに伸びる、オリジナリティのあるデザインです。つける方向によって見え方も違ってくるので、ぜひいろんな角度で合わせて楽しんでみてください。

革の宝石ルガトーのヘアピン ヘアクリップ 6色

革職人、CxC Leatherさんのレザーを使ったヘアピンです。つややかで自然な光沢を持つことから「革の宝石」と呼ばれるルガトーという革を使用しており、大人可愛いぷっくりとしたデザインになっています。オレンジ、レッド、ブラウン、グリーン、ネイビー、パープルの6色があり、色によって雰囲気が変わるので何色も持っておきたいヘアピンです。

anvaiオリジナル真鍮 でつくるヘア アクセサリー ヘアピン髪飾り 着物

anvaiさんの、シンプルながら存在感のあるデザインのヘアアクセサリー。留め具がないので、すっと髪にさしこむだけで付けられます。真鍮ならではのやわらかい輝きが、どんなスタイルにも合います。着物や浴衣などに合わせるのも、さりげなく上品でおすすめです。

あじさいとゴールドリーフのヘアピン(ブリオンver)

フラワーアクセサリーを手掛ける、よひらのはなさんの、本物のあじさいを使ったヘアピンです。ゴールドの葉のパーツがあり、高級感のある仕上がりとなっています。ちょっとフェミニンなお洋服にも合わせられる、上品で可愛らしい存在感。花びらの中央にブリオンのない、より自然なタイプもあります。

すっきりおしゃれなまとめ髪で、春のおでかけを快適に。

花粉に限らず、春に吹く風は気持ちいい一方で、髪型の崩れが気になってしまうもの。凝ったヘアアレンジは難しいけど、ただ結ぶだけだとちょっと地味かも……という方におすすめの、簡単にこなれたまとめ髪アレンジを楽しめる作品をご紹介しました。

ピアス・イヤリングや指輪は、服装にあわせて付け替えるのに慣れていても、意外と複数持っている人が少ないのがヘアアクセサリー。それだけに、ちょっとオリジナリティのあるものを着けていると、ぐっとおしゃれ感が増すアイテムでもあります。

 

ぜひ今年の春は、お気に入りのヘアアクセサリーで、快適なおしゃれを楽しんでみてくださいね。

この記事を読んだ方におすすめ!

(特集)大人のポニーテール、編み込みヘアに 人気のヘアアクセ

さっと一つに髪を結ぶだけでも、頼れるヘアアクセサリーがあればアレンジ上手に! ポニーテールや編み込みヘアに合わせたいヘアアクセサリーをご紹介します。ヘアアレンジが苦手な方でも、いつものスタイルに1点プラスするだけで雰囲気を変えられます。

(特集)おしゃれに決まる ヘアバンド

不器用さんでも大丈夫! さっと被ってつけるだけでOKの、おしゃれなヘアバンドをご紹介します。リネン素材や華やかな柄もの、リボン型など種類もさまざま。スタイルに合わせていくつか揃えてみるのもおすすめです。

(読みもの)可愛いヘアゴムさえあれば。いつものひとつ結びに+ひと手間アレンジ

いつもの一つ結びにほんの少し工夫をするだけで、サイドや後ろ姿までおしゃれ見え! 簡単に挑戦できるアレンジ方法を、丁寧に解説します。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事