BLOG

砂を重ねゲストと楽しむ!おしゃれな結婚式演出・サンドセレモニー

砂を重ねゲストと楽しむ!おしゃれな結婚式演出・サンドセレモニー

様々な挙式演出の中でも、近年はゲストを含めて行うような演出が人気を集めてきています。その中に、結婚式の思い出を詰め込むことができる「サンドセレモニー」という演出方法があるのをご存知でしょうか?サンドセレモニーは見た目が美しく、込められた意味も素敵な魅力いっぱいの演出です。今回はサンドセレモニーの意味や行う時の注意点やポイントを詳しくご紹介していきます。

1.サンドセレモニーとは?

2.シンプルだけど奥が深い!サンドセレモニーの魅力

 ▶砂に込められた意味が素敵

 ▶ゲスト参加型の演出に出来る!

 ▶世界に一つだけのアート

 ▶インテリアとして置ける!

3.サンドセレモニーをする時のポイント・注意点

 ▶砂を入れる容器はフレーム?ボトル?

 ▶砂の色でがらっと印象が変化

 ▶砂の入れ方

 ▶当日はどのように行う?

 ▶説明書に書いておきたいこと

4.セレモニーの準備に役立つ!おすすめの作品7選

5.世界に一つだけの作品で、式の後にも残る思い出を

 

サンドセレモニーとは?

サンドセレモニーとは、様々な色のカラーサンドを一つの容器に入れ、世界に一つしかないオリジナリティ溢れるサンドアートを完成させる演出のことです。

 

演出方法は「新郎新婦が二人で砂を入れるパターン」と「ゲストに砂を入れてもらって、最後に新郎新婦が砂を入れるゲスト参加型のパターン」の2つがあります。

アメリカからきた「サンドセレモニー」の文化はもともとは新郎新婦二人のみが参加し、ゲストが見ている前でそれぞれがカラーサンドを入れてアートを完成させるものでしたが、最近では受付を済ませたゲストに、挙式前にカラーサンドをフレーム型の容器に入れてもらって、挙式で新郎新婦がそこに最後の砂を入れて完成させるゲスト参加型の演出が増えてきているようです。

 

似た演出として、木片等にメッセージや名前を書き込んで容器に入れる「ウェディングドロップス」という演出方法も人気があるようです。

一般的には自由度の高い人前式で、サンドセレモニーは行われます。

シンプルだけど奥が深い!サンドセレモニーの魅力

▶砂に込められた意味が素敵

砂は一度混ぜると二度と分けることができないことから、「結婚した二人が一人に戻ることはない。これから二人は一つの家族として生きていく」という意味が込められています。演出はシンプルですが、込められた意味はロマンチックで雄大。新しい人生への旅立ちの証となりそうです。

▶ゲスト参加型の演出に出来る!

一昔前の結婚式は、基本的にはゲストは招かれ、結婚式を見ているだけのものでした。しかし近年ではゲスト参加型の結婚式が多く、ゲストの「ウェディングへの参加感」を高める演出が増えています。サンドセレモニーは、全員が参加して一つのものを作る「一体感」も楽しむことができるので、ゲストと一緒に結婚式を盛り上げたい演出を求める方にぴったり!

▶世界に一つだけのアート

砂を入れる容器や、砂の色・入れ方など様々な工夫次第で、オリジナリティ溢れる作品ができあがります。ハンドメイド好きにはピッタリの演出です。

▶インテリアとして置ける!

サンドアートは見た目がオシャレで、インテリアとしてもぴったりです。二人の個性や思い出をモノとして、形に残せるのは嬉しいですね。

▲見た目が美しく、式が終わった後も飾っておけます

サンドセレモニーをするときのポイント・注意点

▶砂を入れる容器はフレーム?ボトル?

式が終わった後も家に持ち帰って飾れるよう、砂を注ぎ込む容器にもこだわりたいところ。フレームは砂の層が見えやすく、フォトジェニックで、こちらを選ぶ方が多いようです。一方、ガラスボトルは耐久性が高く、ガラスボトル自体の形や大きさも様々でオリジナリティの高いものができそう。ガラスボトルは透明度の高いものを選ぶと見栄えが良く、蓋付きのものを選ぶと持ち帰りの時に便利です。

▶砂の色でがらっと印象が変化

砂の色合いによってサンドアートは様々な表情を見せます。

青や水色:夏っぽい印象

白:スッキリしてシンプルな印象。どんな色にもあいそう

ネイビー:大人っぽく、引き締まった印象

ピンク:甘くて可愛らしい印象

テラコッタ、グレー:上品で洗練された印象

赤:エネルギッシュな印象。アクセントになりそう

それぞれに色の印象はありますが、組み合わせによって全体の雰囲気がガラッと変わることもあります。海のようにしたい、カラードレスに合わせたいなど、式の雰囲気やインテリアとして置くことをイメージして色の組み合わせを考えてみましょう!

 

また、例えば赤色に「愛情」などの意味合いを付けて選んでみる人も多いようです。色に意味を込めるともっと特別感が出てきますね。

▶砂の入れ方

砂の分量や入れる方法によっても完成度が変わってきます。同時に砂を入れると二色が混ざりあった模様になり、順番に入れるとくっきりとした層が出来上がります。

 

また、自分の故郷の砂をお互いに入れたり、二人の思い出の場所の砂(海の砂など)を最後に加える演出も◎。自分達を支えてきてくれたゲストが積み重ねた砂の上に、お互いの思い出が詰まった砂を加えると、「支えてきてくれた人たちへの感謝」を伝えられます。ゲストも思わず涙がこぼれてしまうかも。とても感動的な演出です。

▶当日はどのように行う?

新郎新婦の二人だけの場合と、ゲスト参加型の場合ともに、誓いの言葉のあとに行う人が多いようです。ゲスト参加型の場合は、受付で小分けして用意した砂を入れてもらっておき、最後に新郎新婦が加えて完成という流れがスムーズで◎

▶説明書に書いておきたいこと

ゲスト参加型のサンドセレモニーにする場合は、説明書を用意しましょう。説明書があればスムーズに受付が完了しますし、サンドセレモニーへの理解が深まります。説明書の工夫も実は重要で、工夫次第でゲストに色々なことを伝えることができます。サンドセレモニーの説明、込められた意味、感謝の気持ちなどを記載していきましょう。

▲Creemaにあるキットでオプション購入すれば、説明書も準備可能です。

▼説明書の例

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サンドセレモニーはゲストの皆様と作る結婚証明書です。

 

砂は一度混ぜると二度と分けることができないことから、「結婚した二人が一人に戻ることはない。これから二人は一つの家族として生きていく」という意味が込められています。

 

お好きな色の砂をお気持ち分お入れください。

(砂の色によって意味を付けている場合、砂を適量貼り付けるか、着色し、その周りに赤なら「愛情」のように記載します。その後「結婚式で必要だと思う色の砂を一つ選び、スプーン一杯容器に入れてください。」など詳細に書くと丁寧で◎)

 

私達はゲストの皆様に支えられ、ここまで来ることができました。ゲストの皆様の思いがこもった砂が、最後に加える私達の砂を支えてくれます。

 

このサンドアートは大切に飾らせていただきます。ご協力お願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セレモニーの準備に役立つ!おすすめの作品7選

サンドセレモニーはゲストも楽しめる思い出に残る演出ですが、実は準備が結構大変です。Creemaには、DIYが苦手な方や、すぐにクオリティの高いものを用意したい方に向けたサンドセレモニーキット、ウェディングドロップスのキットなど、セレモニーの準備に役立つ作品があります。今回はその中からピックアップしたものを紹介していきます。

砂付き 美しいサンドセレモニーセット《The Best Day Ever 》タイプ

「The Best Day Ever」のフレーズと新郎新婦の名前・日付の刻印がフレームに刻まれるJoie de designさんのサンドセレモニーセット。砂の色はナチュラルな色合いの4種類で、フレームは木目の美しい日本産ヒノキで作られています。デザインと質へのこだわりが詰まった作品です。

名入れ♡オリジナルサンドセレモニーフレーム

素敵な意味のフレーズと新郎新婦の名前・日付が刻まれるaimmさんのサンドセレモニーセット。アポロやマカロンなど、それぞれのカラーサンドにモチーフがあり、色合いがとても可愛く、バリエーションが豊富です。説明書付きフォトフレームもオプション購入できます。

サンドセレモニー用フレーム本体

一つの無垢材から切り出して製作されたkaitoさんの作品。カラーサンドの重さに耐えられるよう接着剤での圧着だけでなく上下をビス止めしているので、しっかりした耐久性を持っていて安心。

サンドセレモニー 真鍮フレーム 結婚証明書  S20100

wedding loversさんの作品。木製のフレームは多いですが、真鍮フレームは珍しい印象です。見た目がスタイリッシュで美しく、砂漏れを防ぐ加工も施されているので安心して使用できます。大人っぽいスタイルにぴったりの作品です。

【コメント・質問専用】サンドセレモニー フレーム

こちらはうさぎさんのフレーム。額付き説明文やスコップなど、オプション次第で必要なものをほとんど揃えることができます。説明書には砂を付けることもできるそうなので、砂の色に意味を付けたい方におすすめです。

ウェディングドロップス ブラックフレーム タキシード&ドレス

とドレスの絵が可愛いPetit Rire(プティリール)さんの作品。ハートの木片にはメッセージを書くことができ、ゲスト一人ひとりの気持ちが文章で伝わってきます。ハートの大きさが変更可能なので、式の規模によってぴったりなものを選べます。

ウェディングドロップス SQUARE HEART 送料無料 スクエアハート 結婚証明書 ウェルカムボード ゲストブック

曲線ではなく角がついたスマートなハートと、スクエア型の文字がスタイリッシュなit's smileさんの作品。ハートの色合いも可愛らしく、木の暖かみが感じられます。アクリルには好きな言葉を入れることができます。二人らしい言葉が見つかると良いですね。

 

世界に一つだけの作品で、式の後にも残る思い出を

サンドセレモニーは結婚証明書としても注目され人気を集めてきてはいますが、知らないゲストにとっては面白いサプライズになるかもしれません。結婚式の思い出が詰まった世界に一つだけの作品は、式が終わっても、きっと二人の大事な宝物になります。また、工夫次第でどんどん良い演出にもなっていきます。とても奥が深いサンドセレモニー、これから結婚式を控える方も取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方におすすめ!

(読みもの)ウェルカムボード&ペーパーアイテムで!気軽に挑戦できる、私たちらしい結婚式に。

Creemaのウェディングアイテムで自分たちらしい結婚式を挙げたお二人にお話を伺いました。ゲストに一番近い場所で私たちらしさを伝えてくれる、似顔絵ウェルカムボードと席次表や席札、メニュー表などのペーパーアイテムにこだわったお二人。取引の様子や素敵な作品に出会うヒントも。

(読みもの)プランナー経験者に聞く、知っておきたい結婚式のアクセサリーマナー

結婚式にお呼ばれした時の、女性ゲスト向けアクセサリーのマナー、選び方をご紹介。アクセサリーをつけないのはダメ?指輪はつけていいの?などの疑問には、元ウェディングプランナーがアドバイスします。パール以外のおすすめのアクセサリーや、つけるだけでかわいいヘアアクセサリーなど、おすすめのアクセサリー19選も。

(特集)特別な結婚式に。ウェルカムボード・ウェルカムドール特集

似顔絵や名前入れなど、こだわりオーダーも可能なハンドメイドのウェルカムボード。結婚式の雰囲気に合わせて選びたい作品40選です。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事