BLOG

クリーマスタッフが挑戦!こだわりのMyエコバッグアレンジ

クリーマスタッフが挑戦!こだわりのMyエコバッグアレンジ

こんにちは、クリーマの石渡です。

 

7月1日より、いよいよレジ袋有料化が始まりましたね。7月に先駆けて、すでに有料化が導入されたお店も多いようです。お気に入りのエコバッグを用意したい、用意しなきゃ……と考えている人も増えているのではないでしょうか。

 

そんななか、クリーマもこのタイミングに合わせ、オリジナルのエコバッグを作成しました!


クリーマのデザインチームと、Creema Storeを運営するグループが話し合いを重ね、Creemaのロゴ入りのシンプルで使いやすく、優しい雰囲気ののデザインとなっています。

くるっと丸めて持ち運びにも便利な紺色タイプ1種と、麻生地のマルシェバッグ型のエコバッグ2種の全3種類の展開となっております。7月1日〜初回は数量限定でCreema Store店頭にて購入いただけます。

もちろん、このエコバッグをそのまま使うのもおすすめですが、Creemaにある作品をプラスする事で、オリジナリティのある自分だけの特別なエコバッグを作ることができるんです。

 

そこで、今回はこのCreemaオリジナルエコバッグの発売に合わせて、クリーマスタッフがエコバッグのアレンジに挑戦しました!

今回アレンジに選んだエコバッグはこちらのデザイン。

落ち着いた生成り時に、キラッと光るCreemaのロゴ。それを優しく両手で包んだようなデザインです。クリーマの掲げる、愛ある事業で、みんなが元気に幸せに暮らせる「まるい世界をつくろう」というコーポレートアイデンティティーとリンクしていて私も気に入っています。シンプルで普段使いもしやすいデザインなので、Creemaユーザーの皆様に愛用していただきたいエコバッグです。

ではでは、そろそろ本題へ。実際にクリーマスタッフが、このエコバッグに、Creemaの作品を使ったアレンジをしてMyエコバッグ作りに挑戦してみました!

 

今回挑戦するのはこの4人。(左上から時計回りに石渡、西口、遠藤、佐野)

当初の予定では、本社で4人揃って和気藹々とアレンジしたいところ……ですが、現在フルリモートでの勤務体制のため、各々自宅でアレンジをし、テレビ電話にて「お披露目会」という名の、完成したエコバッグを見せ合う会を開くことに。

それでは早速、一人ずつアレンジしたエコバッグを見せながら、アレンジのこだわりやコツなどを聞いていきましょう。

1.作家さんの世界をエコバッグに。羊毛刺繍×ブローチのアレンジ

2.さりげなく可愛い。デザインを活かした布用ペン×ブローチのアレンジ

3.好きなものを、この手の中に。 刺繍×ブローチのアレンジ

4.自分だけがわかる“可愛い”を。ハンカチ×ブローチの簡単アレンジ

作家さんの世界をエコバッグに広げたい!羊毛刺繍×ブローチのアレンジ

まずご紹介するのは、このエコバッグのデザイン担当である佐野のアレンジ。

 

「お〜〜〜!」「かわいい〜〜〜!」

カラフルなエコバッグに一同テンションが上がります。

 

普段より、仕事と育児の傍ら羊毛フェルト作品の制作も行う佐野は、得意の羊毛フェルトでアレンジ。ドドン!と主役を飾るマンドリルのブローチはnekinekiさんの作品です。画面越しからも伝わってくる可愛さでした。

-アレンジのこだわり

エコバッグがシンプルで温もりのあるデザインなので、nekinekiさんの羊毛の優しくて存在感のあるマンドリルが合いそうだな!と思い、マンドリルを主役にしたアレンジを考えました。

nekinekiさんの世界をエコバッグに作りたい!と勝手にコラボの気持ちで作成しました。

届いた時のほわほわで可愛いお猿さんの印象を大事に、カラフルで飴玉のような丸が溢れてハッピーな気分になっちゃう!というストーリー付きです。

 

届いた作品は想像以上に可愛くて、そのテンションと勢いで作成しました。カラフルな色使いで、作っている自分も明るい気持ちになり楽しめました!特別な時に使用して、普段はアートのように飾られたらいいなと思います。

-アレンジのコツ

ベースがシンプルなデザインなので、メインとなるモチーフや、華やかなものを一つ主役にすると、装飾のイメージが湧きやすいと思います。派手めのものを置いておくと楽しく作れるんじゃないかと思います。

アレンジに迷ったら、主役を一つ決めてみるのがおすすめです。憧れのあの作家さんのブローチと勝手にコラボレーションするような気持ちで楽しく作れそうですね。

マンドリルの大きな手から、カラフルなボールが溢れ出し、作家さんの世界観はエコバッグの外へ続いていく......エコバッグとして使うだけでなく、アートのように飾るのも面白いアイデア。

好きなアーティストのポスターや思い出の写真を壁に飾ってインテリアとして楽しむように、お気に入りのエコバッグを壁に飾るのもありだなぁ……とエコバッグの可能性を感じる佐野のアレンジでした。

〜クリーマスタッフ佐野の選んだ作品〜

マンドリルのブローチ

nekinekiさんのお猿さんシリーズ、ずっと気になっていたんです。優しくてちょっとひょうきんなお猿さんの表情が魅力です。羊毛なので、軽くてブローチにぴったりです。

 

 

ちなみに、今回アレンジ制作に使ったCOOKIESさんのピンクッションもCreemaで購入し愛用しているものだそう。

クリーマスタッフのお部屋には、あらゆるところにCreemaの作品が。私の部屋もそう遠くはない未来、目に入るものがCreemaの作品で満たされる、Creemaの作品だらけの空間になる予感がしています。

さりげなく可愛い。デザインを活かした布用ペン×ブローチアレンジ

続いて紹介するのは、私、石渡のアレンジです。

普段から絵を描くことが好きなので、エコバッグに布用ペンでイラストを描いたアレンジをしてみました。ゴールドのロゴや包み込むような手のデザインが気に入っているので、素材を活かしてナチュラルなアレンジを意識しています。

-アレンジのこだわり

布用ペンの色を、淡めの優しい色にして、デザインが引き立つようにしています。元々プリントされているかのような、自然なアレンジになったのがお気に入りです。ブローチも、ゴールドと合わせた色味に揃え、一筆で描いたリボンのようなブローチにも惹かれました。デザインとも相性◎です。

-アレンジのコツ

Creemaのロゴが引き立つ、シンプルなアレンジがおすすめです。

最初は、まあるい手の外側まで花のイラストを描こうとも考えたのですが、この”まあるい手”のデザインが、クリーマらしさがあり、とても気に入っているので、ここが引き立つようにしたい!と思い、手の中に収まるようなイラスト、さりげないアレンジにしました。

 

また、このエコバッグのデザイン提案にも少し携わらせていただいたのですが、その時にイメージしていた、色々な種類の花が束ねられた大きな花束のように、Creemaの色々なカテゴリ(アクセ、ファッション、家具、インテリア、フードetc…...)が、Creemaのサイトの中にある。Creemaが作品を、大きな手で優しく包み込んでいるというイメージと重なり、花束のようなイメージにしたいと思っていました。

そこで、zimosaziaさんのブローチを手と手の間に、キュッと結わいたようにつけてみました。サイズがしっかり明記されていたので、この手の幅に合わせて選ぶことができ、サイズ感とロゴのゴールドの色合いの統一感がマッチするエコバッグアレンジになり、気に入っています!

 

布に直接ペンで描くというのは結構緊張すると思うので、試しに、うっすら鉛筆で下書きすると安心です。ペンは最初の方インクの出具合など気になると思うので、見えにくい持ち手の裏地の部分試し書きしたりしました。(笑)

自分だけのエコバッグなので、こだわってアレンジすると愛着が湧くと思います。イラスト部分のお花の色を変えたり、ネイルの色を変えてみたりして、親子でお揃いのエコバッグを持つのも可愛いかも!と思いました。

〜クリーマスタッフ石渡の選んだ作品〜

リボンの華奢なピンブローチ  結婚式や入学式卒業式・パーティーにも☆

届いた時に、思わず「可愛い......」と声が漏れました。zimosaziaさんのブローチは、華奢なリボンが素敵で、写真で見るより何倍も魅力的な作品でした。真鍮の凸凹が細かく、繊細な作りに驚かされました。フォーマルな装いにも合いそうな大人可愛いデザインなのでエコバッグ以外にも色々なシーンで活躍してくれそうです!

不透明で濃色生地にも描ける布用マーカー! 布用水性アクリルペイントマーカー 1本/プレシャス色/パステル色

※パステルグリーン、パステルトープを使用

abc500enさんは、ハンドメイド雑貨資材パーツを取り扱われているレジン専門店。布用ペンを探していたところ、私好みの淡めの色合いのものがなかなか見つからなかったのですが、こちらの作家さんの布用ペンはカラーバリエーション豊富で、”まさにこれが欲しかった”という色と出会えました。

ペンで描いた部分を1時間自然乾燥させ、アイロンでを5分ほど当てれば、洗濯してもペンで描いた部分は消えずに定着するので、外出時に汚れしまっても安心です!

 

ハンドメイドの作品のみならず、Creemaには素材の出品もたくさん。気になる方はチェックしてみてくださいね。

こだわりのハンドメイド素材特集

好きなものを、この手の中に。ロゴを活かした 刺繍×ブローチのアレンジ

刺繍が得意なストアグループの遠藤は刺繍とお気に入りのブローチを使ったアレンジを。

-アレンジのこだわり

クリーマでは、帽子や鞄、食器、家具などいろいろなものが買えますよ~って意味を込めて、作品のカテゴリを表現しました。

久しぶりに刺繍をしたので配色や刺繍する場所にとても悩みましたが、やっぱり真ん中の温かみのある"まあるい手"を活かしたかったので、下にちょこんと控えめな刺繍をあしらいました。地味にネイルしてあげたところもポイントです。

また、今回はチェーンステッチという技法で刺繍したのですが、生地が少し薄めなので刺繍針が刺しやすかったです。色は、好きな青系統で統一したので、真ん中にどんなブローチを置いてもゴチャゴチャしないように控えめな配色で組みました。

真ん中にお気に入りのブローチをつけると、簡単に愛着の湧くアレンジができるんです。

手持ちのピアスをつけるのも考えたんですが、ブローチをつけることにしました!

-アレンジのコツ

Creemaのロゴを活かしたアレンジを意識するといいと思います!好きなものをこの手の中に置くだけで、簡単に可愛いアレンジができるので、一つお気に入りのブローチがあるとアレンジしやすいと思います!

 

ベースがシンプルなので最初はどんなデコレーションにしようか迷いましたが、いざ刺繍の針を進めていくと少しずつ形になっていくのが楽しくて、モノづくりっていいなあ。と改めて感じながら作成しました。

シンプルなデザインに仕上げたので、クリーマで購入したブローチを気分によって付け替えながらエコな時代を楽しみたいと思います!

 

ピアスを、ブローチのように付けるというアイディア!これは面白いですね。キャッチ(ピアスの留め具の名称)がついたピアスなら、ブローチのように着けられます。

何個も集めたくなるブローチがCreemaには沢山ありますよ。コレクションとして眺めても良いですし、「今日はこの子!」という風に、ファッション感覚でブローチを選んでみるのも面白そうです。私の相棒のようなブローチを探してみてはいかがでしょうか?

〜クリーマスタッフ遠藤が選んだ作品〜

フェルティングバッチ・柴犬(赤) 【羊毛フェルティング】【akatin】

https://www.creema.jp/item/936896/detail

大好きなきょとん顔のあかころ(akatin)さんの柴犬です。

入社するタイミングにクリーマストアで1番最初に買った作品なので思い出のブローチです

同じものは2個とないmanonさんのDOLLブローチは、襟の部分もお洒落で細かいところまで可愛いところがお気に入りです!

自分だけがわかる“可愛い”を。ハンカチ×ブローチの簡単アレンジ

最後に紹介するのは、Creema Store札幌店店長の西口のアレンジ。

 

「私自身はハンドメイドが一切できない不器用さんなので、作家さんの素敵な作品でアレンジできたら……」という彼女がアレンジに使用した作品は、実際に店舗で購入したというmiyaco8i8さんの大判ハンカチと、西口お気に入りの作家さんのにゆさんのブローチ。鮮やかな大判ハンカチがパッと目を引きますね。

-アレンジのこだわり

今後ストアでエコバッグを販売する際には、せっかくならエコバッグとして、ではなくサブバッグとしても使っていただきたいと思ってアレンジしました。

持ち手にくくりつけた大判ハンカチは、にゆさんのブローチで留めているんです。手の形をしていて、飛んで行かないように……と大判ハンカチを押さえているようです。

大判ハンカチに寄り添うように留められたにゆさんのブローチに、一同思わず「可愛い〜!」の声が。

 

いろんな案が出てきて無限大に可愛くできるのが楽しく、持っているだけで明るくなれるような印象にしたかったんです。

華やかで可愛い大判ハンカチにそっと手を添えるブローチがいい感じのゆるさがあってお気に入りです。誰でもまねしやすく考えたので是非自分らしくまねっこしてほしいなと思いました。

-アレンジのコツ

2wayで気分などに合わせて少し変えれるようなアイテムを選んだところです。

スカーフとしても使えそうな大きめのサイズなので、色々な使い方ができるんです。持ち手につけているハンカチも、バッグの中に広げてくくりつければ、買ったものが透けて見えてしまうのも可愛く防げます!

▲エコバッグの中を広げると、内側に満開のチューリップが咲き誇ります。

大判ハンカチの巻き方次第で雰囲気も変わりますし、シンプルに使いたい日はブローチのみなんかでも使っていただけるかな?と……ハンカチなので、手も拭けますし◎

 

それと、自分だけがわかる”可愛い”が好きなんです。ブローチの裏面は色違いになっていて、(表は淡いベージュ)、裏ははっきりしたカラーになっているので、自分だけが見ることのできる可愛さがあるんです。

▲ブローチ裏面

店頭でスカーフやブローチをお客さんにおすすめする機会もある西口。

お客さんの「可愛いけど、何に使ったらいいんだろう?」「こういう風にしたら可愛いかも」の気づきを与えられるようなアレンジの仕方にこだわっていました。ストアのスタッフだからこその言葉ですね。持っていて元気になるような、エコバッグアレンジです。

〜クリーマスタッフ西口の選んだ作品〜

水彩画ハンカチ(54cm)「チューリップ」

華やかな水彩タッチのハンカチは、自宅の収納の目隠しや今回のように鞄から少し見せたりといろいろな使用用途があってかなり大活躍しております。

てあしのようなブローチ 白(あいうえお)

にゆさんの作品は、何とも言えないゆるさがかわいいんです。おててがもきゅっとつかんでいる感じと裏面が色違いなので自分からしかわからない可愛さがお気に入りです。

愛着の湧くアレンジで、こだわりのMyエコバッグを。

今回は、クリーマスタッフ4名によるエコバッグアレンジをご紹介しました。気になるアレンジはありましたか?

ぜひ、スタッフのアレンジも参考にしつつ、自分だけのMyエコバッグアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。自分の好きなようにアレンジすれば、お出かけやお買い物も楽しくなりそうです。

私自身も今回のアレンジを通して、改めてハンドメイドの楽しさを味わうことができました。それと同時に、Creemaユーザーの皆さんや作家さんがアレンジしたCreemaのエコバッグも見てみたいという思いも。


 

本日よりCreema Storeにて数量限定で販売開始しますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。Creemaと共にエコでサステイナブルな時代を楽しみましょう!

Creemaオリジナルエコバッグ

□価格

※写真左から

クルリト型ネイビー    ¥1,500(税込)

マルシェ型(HAND柄)¥1,000(税込)
マルシェ型(ECO柄)¥1,000(税込)

□販売先 Creema Store、暮らしとクリーマ店頭

札幌店熊本店新宿店二子玉川店)にて数量限定販売

□販売開始期間 2020年7月1日より

▽アレンジに登場しなかったこちらの2種類もおすすめです◎

クルリト型ネイビー ¥1,500(税込)

クルリト型ネイビー    ¥1,500(税込)

マルシェ型(ECO柄)¥1,000(税込)

マルシェ型(ECO柄)¥1,000(税込)

この記事を読んだ方におすすめ!

(特集)おしゃれも、機能性も。エコバッグ100選

レジ袋有料化に伴い、エコバッグは生活の必需品に。使いやすさや容量はもちろん、デザインや自分らしさにこだわりたい!という方にもおすすめの作品を集めました。お気に入りのエコバッグで、環境に優しい生活をはじめてみませんか?

(読みもの)6月5日は「環境の日」。Creemaで出来る、6つのエコなアクション

6月5日は国連によって定められた「環境の日(世界環境デー)」。こんなエコな日をきっかけに、毎日の暮らしの中で気軽な気持ちで取り入れられる”エコ”なアクションを始めてみませんか。実際に生活の中で実践しているスタッフのエピソードも一緒に、Creemaで見つかる作品で始められるエコなアクションをご紹介します。

(特集)いつもの装いに個性を ブローチ60選

形も質感も個性様々なブローチ。付けるだけでいつもの装いやシンプルなお洋服が新鮮に見え、あなただけのお気に入りに変身します。ワンピースやブラウス、ストールにと、様々なアイテムと組み合わせて楽しんでくださいね。

(特集)ふわふわ可愛くてひとめぼれ 羊毛フェルトの作品特集

思わず触りたくなるような、動物や季節モチーフの羊毛フェルトの作品をご紹介します。
癒されるフォルムの猫やハリネズミなどの動物、驚くほど本物そっくりの逸品まで、奥深い羊毛フェルトの世界をお楽しみください。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事