BLOG

スタッフに見せてもらいました!Creemaで見つけたお気に入りのマスクとマスクコーデ

スタッフに見せてもらいました!Creemaで見つけたお気に入りのマスクとマスクコーデ

こんにちは、クリーマ編集部の佐野です。

気がつけばもう9月。マスクが必需品になってから半年以上が経ちました。マスクのバリエーションもどんどん多様化し、Creemaにも本当に多くのハンドメイドマスクが出品されています。9月4日(金)〜6日(日)の3日間に渡って、マスクをファッションの一部として楽しむマスクコーデイベントも原宿で開催することとなりました。

私自身、不織布のマスクが手元にある限りは購入を考えていませんでしたが、Creemaのマスク特集を見て、自分が持っている洋服との組み合わせを考えたり、ファッションの一部として選ぶ楽しさを感じ、久々におしゃれ魂をくすぶられる経験をしました。

 

スタッフの中にも、同じくファッションとしてマスクを選んで楽しんだり、素材を重視して選んだり、その人らしくマスクを選んでいる人がちらほら……

そこで今回は、イベントの開催に合わせて、愛用しているマスクの選び方やお手入れ方法、マスクコーデについてスタッフに魅力を語っていただきました!

マスクをアクセサリー感覚でコーディネート:スタッフ佐々木

不織布マスクで顔が蒸れてしまうのが悩みだったため、吸水速乾で、汗をかいてもすぐさらっと乾いてくれるところが気に入っています。 特に外にいることが多い日などは、このマスクを活用しています。

▼マスクコーデのポイント
スポーティーな素材と色なので、大ぶりでミニマムなデザインのシルバーのピアスと合わせています。 このマスクはカジュアルな服装やTシャツにも合わせやすく、白色マスクに比べてグレーはどんな服装でも浮きづらいので迷ったらこのマスク!という感じで使っています。

▼マスクのお手入れ方法
家から帰ったらとりあえずぬるま湯につけ置きしておき、そのあと少量の弱アルカリ性の液体洗濯せっけんで手洗いしています。化粧をする日はファンデーションなどがどうしてもついてしまうので、浮かして落とすことを意識して型崩れしないように気をつけています。

(アクセサリーとマスクの組み合わせを考える時間も楽しいですね)

食事中のマスク入れとして、マスクの予備を入れて持ち歩く用としてマスクケースも購入しました。 フタを開けたときに見える金色の箔押しと、ゴールドになっているホック部分、縁のコバ部分が黒で塗られていて全体的に引き締まった印象なのが上品で、シーンを気にせず取り出せます。
この状況が終わってマスクが要らなくなったあともカードケースやハンカチ入れとして使っていきたいなと考えています。

和紙で作られたマスクを主役に:スタッフ名古屋

和紙で作ったという点がCreemaらしく作家さんのこだわりも感じられて良かったので購入しました。つけると和紙の匂いがほのかに香り落ち着く気持ちになれるところがとっても好きです。サイズも4種類から選べるのは嬉しいですね。

▼マスクコーデのポイント
Tシャツと近い柄で揃えました。靴も含め青〜グレー系で揃えることで、統一感があり落ち着いた印象を作りたいと考えました。質感がある生地同士で合わせると、まとまりよく見える気がします。

花柄マスク × 花柄スカートでまとめました:スタッフ船田

オフィスでおしゃれなマスクをしているスタッフがたくさんいて、素敵だなと気になりはじめ、私も購入しました。普段からシンプルなデザインの中でも女性らしさがあるものを好んで身に着けているので、まさに私の好みにぴったりな作品だと思いました。派手すぎないデザインのため、色々なコーデに合わせやすい点も気に入っているポイントです。

(同じ作家さんのマスクを購入しました、こちらも花柄!)

▼マスクコーデのポイント
マスクとスカートを花柄で合わせてみました。ナチュラルで落ち着いたトーンでそろえている点もポイントです。また、マスクが映えるように、敢えてアクセサリーは小ぶりなものを選び、トップスもシンプルな白Tシャツにしています。

▼マスクのお手入れ方法
マスクは家についてすぐに優しく手洗いしています。たまに手洗いが面倒な時は洗濯機で洗ってしまうこともありますが、ネットに入れおしゃれ着用洗剤で洗うようにしています。

全身淡い色でワントーンコーデ:スタッフ針生

SNSでモデルさんが、手編みのマスクをつけていて素敵だなと思いました。Creemaで探していたらイメージにぴったりのものを見つけたので購入。この爽やかな淡いグリーンとあみあみ具合がお気に入りです。普段はガーゼを中に入れて使用しています。


▼マスクコーデのポイント
暑い!って日に全身淡い色で統一感を出し爽やかにコーディネートしました。 顔の表情も少し明るく爽やかに見えるかなと思います。

▼マスクのお手入れ方法
基本は手洗いですが、楽をしたい時は洗濯機にネットに入れて洗ってお日様で乾かしています。 全然ヨレヨレにならないし、何度洗ってもいつもと同じ形なのが嬉しいです。

男性も布マスクでおしゃれを:スタッフ大橋

最近マスクは無地の使い捨てより布の方がオシャレなんじゃないか、という自分の中の価値観の変化がありました。Creemaの常設店舗「暮らしとクリーマ」に行った時、好みのマスクがあって、思わず購入しました。
「冷感」「リネン」のワードが刺さったのと、シンプルなデザインで日頃のファッションにも取り入れられるところが気に入っています。真っ黒だと威圧感がありますが、ネイビーなので印象がそこまで強くならないし、肌に馴染みます。

▼マスクコーデのポイント
自分の好きなコーデが白とネイビーの組み合わせなので、色で統一感を出しました。

(口周りに空間ができるタイプなので苦しくないですね)

ナチュラルなテイストをマスクにも:スタッフ川越

作家さんの作品一覧ページへ飛んだ時のシンプルで美しいマスクの並びと、丁寧な世界観に安心感を覚えました。8月の間は毎日1点ずつ新作のマスクを公開していたそうで、そのイベント性も楽しみに毎日拝見しておりました。もう秋ということもあり、少し季節を先取りしてココア色のマスクに決めました。優しい色合いの生地によーくみるとお家のデザインのさりげなさがとても可愛いです。着け心地はふっかふかで、ふんわり、肌にも優しそう。少し暑さも和らいできたら毎日でもつけたいくらいお気に入りです。

(さりげないワンポイント刺繍のマスクも愛用中)

▼マスクコーデのポイント
どんな服装にでも合うようなデザインや色味だけど、ここでしか買えない!というワンポイントが光るものや魅力的なデザインを選んでいます。色のトーンがあっていれば、意外と、柄のマスクと柄のお洋服でも合いますよ。

▼マスクのお手入れ方法
つけ洗い+軽いゴシゴシ洗いをしています。あとは、香水やアロマを最後に軽くシュッとするとお気に入りの香りに包まれて幸せになります。

(大きめの柄もリネン素材だと馴染みます)

本革で作られた個性的なマスクを主役に:スタッフかんも

繰り返し使えるマスクが欲しかったので探していたところ、牛革製のマスクを発見しました。パンクなデザインが気に入っています。普段バイクは乗りませんが、ファッションアイテムとして人と被らないデザインを楽しんでいます。これからの季節、さらに活躍してくれそうです。

(マスクの中にガーゼを装着しています)

レースの華やかさが際立つ爽やかマスクコーデ:スタッフ渡邊

お花柄のレースにラベンダーの色が薄っすらと透ける感じが上品で気に入っています。とても気に入り、誕生日祝い、産休プレゼントにも友人に購入しています。1日2枚を使用して、淡い色ですが、白、ピンク、緑、ベージュ、グレーのマスクを洋服の色と合わせています。

▼マスクのお手入れ
ネットに入れて洗濯機で洗っています。お化粧がついてしまった時はシミ抜きをつけてから洗濯すると綺麗に落ちます。よく晴れた日に天日干しし、レースマスクはアイロンかけてます。

(ずらりと並んだワタナベマスクコレクション)

淡い柔らかいピンクのコーデ:スタッフ松坂

柔らかい雰囲気のマスクコーデにチャレンジしたく、購入しました。淡いピンクの色合いとリネン生地が優しい印象を演出してくれるところが気に入っています。

▼マスクコーデのポイント
明るい服装と相性ピッタリです。不織布では出せない、ハンドメイドならではの質感でコーデをワンランクアップしてくれます。

▼マスクのお手入れ方法
手洗いと外干しで、リネン特有のくたっと感を出しても、アイロンがけをしっかりやってパキッとさせてもよさそうです。

(クリエイターオリジナルのタグもお気に入りです。大ぶりなピアスとの相性も◎)
(カッコいい色味&素材なので、黒のワンピースとクリア素材のイヤリングでクールな雰囲気に)

やっと見つけた理想のマスク:スタッフ明道

立体型の布マスクを何枚か購入していましたが、自分的にしっくりくるものが中々なく、ついにこのプリーツタイプの形が自分には合うとわかりました。あまり見ないカーキ色も魅力的で、シンプルなのに個性がちゃんとあるところが気に入っています。サイズが3サイズ選べたのも男性からすると嬉しかったですね。

▼マスクのお手入れ方法
手洗いで、そのあと手のひらに挟んで叩いてから干す(これが大事)。アイロンをかけるとパリッとした印象になります。そのままですと、柔らかい、カジュアルな印象になりますね。

グレー × イエローでシンプルながらもアクセントを:スタッフ柴田

最初はシンプルなデザインのマスクをリピートしていましたが、今回のマスクイベントに携わる中で可愛いマスクをたくさん見かけ、自分自身もファッションとして楽しみたくなりました。元々カラフルな色使いや花柄には抵抗があり、シンプルながらもアクセントのあるデザインが素敵だと思いました。普段のファッションがグレー、ベージュ、紺が多いので、とても合わせやすいですね。

(偶然同じマスクを購入してお揃いに。無地の洋服のアクセントに◎ 左からスタッフ柴田、スタッフ佐野)

Creemaにはハンドメイドマスクが5万点以上。ぜひあなた好みのマスクを見つけてみてください

いかがでしたか?盛り盛りのご紹介になりましたが、その人らしさを感じるマスクばかりでした。皆さんのマスク選びのヒントになれば幸いです。

まだまだ付き合いの長くなりそうなマスクですが、ファッションの一部として選ぶと、いつもの毎日がちょっと楽しくなるかもしれません。Creemaにはハンドメイドマスクが5万点以上出品されています。残暑を快適に過ごす夏マスクや、秋冬用の先取りマスクなど、ぜひあなた好みのマスクを見つけてみてくださいね。

 

マスクイベントはリアル・オンラインの同時開催です。どうぞお楽しみください!

名 称 : 明日のマスク何にする?展

開催日程 : 2020年9月4日(金)~6日(日) 11:00~18:00(会場での最終日は15:00まで)

開催場所 : BRICK 東京都渋谷区神宮前4-27-6 (原宿駅から徒歩6分、明治神宮前駅から徒歩4分)

入 場 料 : 無料

特設サイト : https://www.creema.jp/event/mask-coordination

※リアル・オンライン同時開催

こちらの特集ページからもイベント出展作家さまの作品をご購入いただけます。

この記事を読んだ方におすすめ!

(読みもの)9月4日(金)〜6日(日)3日間限定「明日のマスク何にする?展」リアル・オンライン同時開催!

(特集)マスク選びを楽しもう!わたしの「マスクコーデ」

毎日使うマスクは、私らしく選びたい!服に合わせて帽子やバッグを選ぶように、マスクもコーディネートできたらもっと楽しいはずですよね。「明日のマスク何にする?展」記念特集として、マスクコーデに取り入れたいマスクをご紹介します。

(読みもの)クリーマスタッフが今年の夏に着たい1着。Tシャツコレクション

今年の夏を前に、クリーマスタッフが購入した Tシャツをご紹介します。デザインTシャツからシュールなイラストシャツ、モチーフTシャツ、テレワークTシャツまで。ぜひ、動画も合わせてご覧ください!
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事