BLOG

色ごとに違う、コスモスの花言葉とおすすめ作品10選

色ごとに違う、コスモスの花言葉とおすすめ作品10選

こんにちは、クリーマの石渡です。季節の花を、その花言葉と共に紹介する連載。8月のひまわりに続いて、今月はコスモスの花言葉と、スタッフ選りすぐりのおすすめ作品をご紹介します。

9月14日はコスモスの日

9月14日は「コスモスの日」と制定されています。3月14日のホワイトデーから半年経った日に、恋人同士がプレゼントとしてコスモスの花を渡し、お互いの愛を確認し合うための日、という謂れもあります。

コスモスには、「愛情」を意味する花言葉が多く、また秋に花咲かせることから、この日にコスモスの花が選ばれたのではないでしょうか。

【目次】

1.コスモスの名前の由来

ーなぜ「秋桜」と書くのか

ーなぜ「コスモス」と読むのか

ーコスモスの語源

2. 色ごとに違う、コスモスの花言葉

3. おすすめ作品10選

コスモスの名前の由来

ーなぜ「秋桜」と書くのか

和名は「秋桜」。これは本来「あきざくら」と読まれ、コスモスという読みではなかったのです。秋桜は、秋に桜のようなピンク色の花を咲かせることから名付けられました。

 

秋の桜と聞くと日本発祥の花のようにも感じられますが、実は外来種で原産国はメキシコ。日本には明治9年頃やってきたと言われています。明治の初め頃に渡来した外来種で、風が吹いてもへこたれず、丈夫な品種であったコスモスは、明治後期には全国に広まりました。

ーなぜ「コスモス」と読むのか

では、なぜコスモスと呼ばれるようになったのか、それは昭和を代表する歌手、山口百恵さんの「秋桜」という曲が大ヒットしたことがきっかけだと言われています。この曲を作詞作曲したさだまさしさんが、「秋桜」をコスモスと読ませ、歌謡曲がヒットしたため、その読みが一般的になったのです。

 

とはいえ、由来が歌謡曲であり、当て字だったとは驚きですね。もしこの曲がここまでヒットしていなかったら、おそらく和名の「あきざくら」という読み方が一般的だったことでしょう。

ーコスモスの語源

また、「kosmos」はギリシャ語で美しいを意味します。この意味から、星が美しく瞬く宇宙のことを「cosmos」と呼ばれるようになり、星々が調和するように美しい宇宙をのように、コスモスの花びらが外側に向かって、規則正しく咲く様から、コスモスと名付けられました

コスモスの花の特徴は、秩序が保たれた美しいシルエット。ちなみに宇宙の対義語は「混沌(カオス)」です。コスモスの花は、一見宇宙と関係なさそうにも思えますが、その秩序の保たれ方や、均一なバランスに広がる花弁には、宇宙と通ずる部分があるのかもしれませんね。

色ごとに違う、コスモスの花言葉

一般的には「乙女の真心」「調和」「謙虚」が花言葉と言われています。他にも、「乙女の純潔」「美麗」なども挙げられます。女性的で、おしとやかなイメージを持つ花ですね。

そして、コスモスといえばピンクや赤、白色の花弁をイメージされる方も多いと思いますが、実は黄や黒のコスモスもあるんです。また、5色のコスモスは、色ごとに違う花言葉が存在しています。お部屋に飾るときや、誰かに贈るときのヒントにしてみてくださいね。

赤いコスモス

赤いコスモス

乙女の愛情・調和

ピンクのコスモス

ピンクのコスモス

乙女の「純潔」

白いコスモス

白いコスモス

「優美」「美麗」「純潔」

黄色いコスモス

黄色いコスモス

「野生的な美しさ」「自然美」「幼い恋心」

珍しい黄色のコスモスは、実は品質改良で作られた人工的な色なんです。それに反して、花言葉は、「野生的な美しさ」というので、少し不思議ですね。

黒いコスモス

黒いコスモス

「恋の終わり」「恋の思い出」「移り変わらぬ気持ち」

別名チョコレートコスモス。その名の通り、真っ黒というよりかはチョコレートのような茶を感じる黒色です。そして、ほのかにチョコレートのような甘い香りがするんですよ。他の色に比べると、別れを連想させ、寂しさを感じる意味ですね。

「コスモス」モチーフの作品10選

ではここから、そんな魅力溢れるコスモスがモチーフにされた作品を、厳選しご紹介します。プレゼントをお探しの人は、贈る相手に合わせ花言葉の意味をイメージしながら、作品を探してみるのも楽しそうです。

秋桜小皿(赤)

満開のコスモス畑の一部を切り取ったかのような、華やかなお皿。このは陶房さんは、主に植物を基調とした食器を作られている作家さん。陶器を身近に感じてもらいたいとの想いで、陶器のアクセサリーの制作も行なっています。

よく見ると、際も花のシルエットに沿って形作られ、インテリアとしての存在感もあります。ケーキを載せたりして食器として使うのはもちろん、ピアスや指輪などのアクセサリー置きとして使うのもおすすめです

コスモスバスケット*ホワイト

白いコスモスがバスケットいっぱいに咲き誇るel flowers エルフラワーズさんのコスモスバスケット。その爽やかで洗練された印象は、「優美」「美麗」「純潔」の花言葉を持つ白いコスモスの花言葉にぴったりです。厳選した高品質のアーティフィシャルフラワー(造花)が使用されているので、お手入れは不要。贈り物にもおすすめです。

真っ白なコスモスを、周りのローズが寄り添うように、美しさを引き立てています。白いコスモスをお部屋に飾れば、お部屋に清潔感をもたらしてくれそうですね。

L字ファスナー財布(チョコレートコスモス) 本革 コンパクト 花柄 レディース ILL-1157

“アートな革小物”を手がける、HELI(ヘリクリサム)さん。チョコレートコスモスの花は上品で落ち着いた印象なので、毎日使う財布としても持ちやすいデザインです。レザーで作られているので、使い込むほど経年変化をし、深みのあるチョコレートコスモスに育ちますよ。

 

実は「ヘリクリサム 」というブランド名は、本来花の名前なんだとか。その花言葉は「永遠の想い出」だと言います。

"使うほどに愛着が深まり、思い出に残るようなブランドになれれば"という作家さんの想いのこもったブランドです。毎日使うお財布だからこそ、愛着の湧くデザインを選んで、育てるように使い込んでみてはいかがでしょうか。

【2020年新!】rea 20Cruises「フリーダと花」コスモス イヤリング

続いてご紹介するのは、日常と芸術のバランスを模索しつつ、女性の根源的な魅力を引き出す作品を手掛けるrea Accessoriesさん。写真からも匂い立つ世界観が魅力的な作家さんです。

 

メキシコ高原にあるコスモスをモチーフに制作されたイヤリングは、シルクオーガンジーが使用され、空気を纏ったような軽やかさ。柔らかなコスモスの花がで耳にそっと寄り添います。

花びらのピンクにゴールドが映え、女性の美しさが引き出されるようですね。まさに乙女の「純潔」を表すピンク色のコスモスの雰囲気を纏ったかのような、イヤリングです。

【ブローチ】秋桜~cosmos~

スタンプワークという技法を用い、刺繍を立体的に表現したNOIRさんのブローチ。刺繍の学校を卒業し、約30種類ほどの刺繍を学んできたNOIRさん。そこでの学びを生かして制作された作品は、お客様からのレビューを参考に、デザインや色形など細かく改善されて出来上がった作品でもあります。

鮮やかなピンクのコスモスは、落ち着いた色味の洋服につければ、目を引くワンポイントに。ブラウンのニットに合わせれば、ピンクがよく映えますよ。お花を採集するように、季節のお花のブローチを集めてみるのも素敵ですね。

【原画】咲きそろい(コスモス)

樹木や足元の植物など身近な風景を切り取って描くMaddocさん。描かれた小さな世界は、散歩したときに、ふと見かけた風景に再会した時のような、親しみやすさを覚えます。

背面に金具が取り付けられているので、壁に吊るしても楽しめますし、厚みのある額に入っているのでそのまま立てて飾ることもできますよ。壁に飾って、ゆっくり眺めていると心も落ち着きそう。絵の中に流れる静かな時間に、心もほっと癒されます。

【選べる花材】コスモス×4本セット

12カ月の花カレンダー』シリーズを展開する糸の花さん。お部屋に花がある暮らしに憧れつつも、生花のお手入れが苦手。それでも季節を感じるお花のある暮らしを大切にしたい”という想いがきっかけとなり誕生した花カレンダーのシリーズです。

 

実は私も花のある生活に憧れ、切り花を飾り始めましたが、花のお手入れって結構難しいなぁ……と感じていたところ。

とても繊細な花は、細い糸をかぎ針で丁寧に紡ぐことで作られた、見た目も制作過程も繊細な一品。まさに、作家さんの名前でもある「糸の花」ですね。毎月どんな花カレンダーとの出会いがあるか、ワクワクします。

【コスモス-Full*Bloom-】秋を着飾るイヤリング※飾れるフォトパネル付!

アクセサリーと、インテリアフォトの二つの方向性で作品を展開されている【くまこ堂】おみつさんの「秋を着飾る」という響きが魅力的なイヤリング。

 

片耳は、コスモスの花が咲き、もう片方では花が散る様がアクセサリーとなった、アシンメトリーなデザインです。そして、鮮やかなアクセサリー台紙は、【くまこ堂】おみつさんの作品でもある「SQU4RE(スクエア)」というフォトパネル。

そのため、アクセサリーを台紙から外した後は、インテリアとして壁に飾って楽しむこともできる、2通りの楽しみ方ができる作品です。

 

また、マスキングテープとマグネットで壁に固定できるので、壁に穴を開けられない方も安心ですね。こちらのイヤリングは黄色いキバナコスモスverも。耳を着飾り、そして壁も飾れば、コスモスのある暮らしが気軽に楽しめそうです。

スノーコスモス 淡い色のアロマフラワー

実物のコスモスと同じ大きさで作られた、ウッド ライフさんのアロマフラワー。木彫りで作られたコスモスは、冬に作られ雪景色に映えることから、「スノーコスモス」と名付けられました。

 

アロマオイルが染み込みやすい木を作家さん自ら試し、適した木を使って作られているアロマフラワー。玄関先に置いて、アロマを垂らせば、気持ちのいい香りと共にお客さんを迎え入れることができますね。木彫りでありながら、しなやかなラインが表現されて生き生きとしているコスモスは、そのままインテリアとして飾っても。

手染めレザー*秋桜のピアスorイヤリング

染色作家、アトリエ草冠*野乃花さんの作るコスモスのピアス。優しいピンク色の花びらは、実は一枚の革(ヌメ革)からできているんです。作家さんが一つ一つ花びらの形を切って、筆を使ってなんども手染めされて作られた花びらは、よく見ると、筋や先端の小さな切り込みなど、細かいところまで再現されていることに驚きます……。

その立体的なシルエットも、とても自然。細部までコスモスへの愛情とこだわりが詰まったピアスですね。秋に人気のレザー素材と、落ち着きのあるコスモスの花が組み合わさった珍しいデザインです。

コスモスの花言葉を知って、相手に気持ちを伝えよう。

コスモスの由来から花言葉、そしておすすめしたい作品をご紹介しました。「愛情」感じるコスモスの花言葉、花言葉を知ることで、知る前よりもコスモスのことを愛おしく感じられるのではないでしょうか。

 

相手に送ったり、自分のために選んでみたり……。相手に対しても自分に対しても優しい気持ちになれそうなコスモスの花。秋の始まりに暮らしに添えてみませんか?


季節を彩る花言葉の連載、次回もお楽しみに。

この記事を読んだ人におすすめ!

お家でもできる「ドライフラワーの作り方」を作家さんに教わりました![前編]

秋のインテリアにもぴったりのドライフラワー。実際に、お家で作ってみませんか?どの花も「ただ吊るすだけ」ではなく、花によって色々な方法があるんです。今回は、ドライフラワー作家さんに、ドライフラワーの簡単な作り方から、ドライフラワーに関するあれこれまで、教えていただきました。

フローリストに教わる一輪挿しアレンジ。花一輪からできるガラスの花器の楽しみ方

季節の変わり目ですね。日々の暮らしに彩りを添えるアイテムが欲しい!という方におすすめしたいのが、ガラスの花器(一輪挿し)。フローリストとしての顔を持つスタッフが、気軽にできる一輪挿しアレンジをご紹介します。

壁に広がるおしゃれな世界!ガーランドのおしゃれな作り方&飾り方アイデア

お部屋をちょっとイメチェンしたいときにおすすめなのがガーランド。色はもちろん柄や素材で印象ががらっと変えてくれる、ガーランドのおしゃれな作り方から飾り方、そしてCreemaで見つかる素敵な作品までご紹介します。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事