BLOG

新年、仕事始めのご挨拶。クリーマ2020年の出来事と、2021年に向けた思い

2021.01.05
新年、仕事始めのご挨拶。クリーマ2020年の出来事と、2021年に向けた思い

改めまして、新年あけましておめでとうございます。クリーマ広報の柴田です。

目まぐるしく過ぎた2020年が幕を閉じ、新たにスタートした2021年。クリーマは今日から仕事始めです。これまでとは異なる年末年始を過ごして迎えた初日でしたが、オンライン越しに、いつもと変わらないみんなの笑顔に出会えて嬉しく思っています。 

 

昨年は、突如として現れた新型コロナウイルスにより、世の中が大きく変わった一年でした。働き方など、変化を余儀なくされたこともたくさんありましたが、変わらずに大切にしていきたいことが明確になった一年でもありました。

新しい一歩を踏み出す2021年の幕開けにあたり、少しだけ立ち止まって、仲間とともに駆け抜けた2020年のクリーマを振り返りたいと思います。これから発表予定のお知らせについても触れていますので、ぜひご覧ください。

2020年の実績・活動をまとめたインフォグラフィック

2020年も、これまで以上に多くの皆さまにCreemaをご利用いただきました。そして、その期待に応えられるよう、私たちも全力でサービス開発に取り組みました。

ご一緒くださったクリエイター・ユーザーの皆さま、2020年も本当にありがとうございました。

クリエイターの皆さまとともに国内のマスク不足をサポート

2020年2月、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国内におけるマスク不足が深刻化。各社が「ハンドメイドマスク」の販売を規制する中、クリーマはいち早くハンドメイドマスク販売における管理体制を整備するとともに、素材となる生地やゴム紐の出品を強化しマスクの制作を支援するなど、クリエイターの皆さまとともに、本当に必要としている方々の元へマスクをお届けする取り組みを続けてまいりました。

ご賛同いただき、マスク制作に取り組んでくださったクリエイターの皆さま・マスク制作素材を出品してくださった皆さまに、改めて心より御礼を申し上げます。

小さな行動かもしれませんが、これからも私たちは、クリーマにできることを考えて取り組んでまいります。

対面イベントの開催見送りに伴い、オンラインイベントを企画

コロナの感染拡大に伴い、来場者および出展者の皆さま、関係スタッフの安全を最優先に考慮し、様々な対面イベントの開催を見送る一方で、初めてのオンラインイベントにチャレンジした一年でした。全国各地を繋ぎ、オンラインならではの出会いがたくさん生まれました。

2020年4月「スマホでクリーマクラフトパーティ」

2020年8月「まぼろしのHMJ2020」

2020年8月「まぼろしのHMJ2020」

今年は、イベントならではの空気感や、オンラインだからこその体験をさらにパワーアップさせてお届けできないか…と、新たな企画をイベントチームのみんなと鋭意検討中です。まもなく発表できるよう、準備を進めておりますので、どうぞお楽しみに!

「Creema」サービス開始10周年

2010年5月、「クリエイターズ・ニューマーケット(創作者たちの新しい場所)」を語源に生まれた「Creema」は、創作活動に取り組むクリエイターと生活者が、オンライン上で直接オリジナル作品を売買できる、ハンドメイドマーケットプレイスとしてサービスをスタートしました。

「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する」ことを目指して活動を続け、2020年に10周年を迎えました。感謝の気持ちを込めた特設サイトをオープンし、「BIG LOVE」をテーマにした記念ムービーや、クリエイターへのインタビュー記事、想いをカタチにするオーダーメイド企画、10周年記念特集などを公開しています。

Creema10th Anniversary " BIG LOVE "

Creema10周年企画「あなたの想いをカタチにします」当選者のオーダーが完成!

スペシャル企画として、7月にオーダーメイドでユーザーの願いを叶える 「あなたの想いをカタチにします」を実施しました。約200件の応募者から、「直接会うことが困難な中、遠く離れた76歳になる実家の両親とのオンライン飲み会を楽しむための酒器が欲しい」というご夫婦の想いをカタチにすることになり、陶芸家・豊田麗さんとリモートでの打合せを重ね、オーダーから約2ヶ月で4家族分のオリジナル酒器が完成。

 

一つひとつに各家族の想いを描いた片口は上から見るとハート形になっており、4つ合わせるとクローバーになるデザインで「直接会うことが出来たらひとつに合わせたい」という、コロナ終息への願いが込められています。

(写真左-制作クリエイター:陶芸家・豊田麗さん/右:完成した4家族分の酒器 片口)

オーダーメイドでの制作の様子や、オリジナル酒器が深めた家族の絆と溢れる笑顔を、ダイジェスト映像でご覧いただけます。

オーダーメイド特別企画「あなたの想いをカタチにします」(短編:60秒)

タレントの千秋さんが創業した「ハローサーカス」が M&Aにより、クリーマに仲間入り!

タレントの千秋さんが創業し、団長を務める「ハローサーカス」をM&Aし、事業及び商標権を譲受しました。「ハローサーカス」の「Creema」仲間入りを記念して、団長千秋×クリーマ代表:丸林の対談を公開しています。ハローサーカスを始めたきっかけや想い、クリーマとハローサーカスが一緒に歩んでいくことになった経緯まで…ぜひご覧ください。

ハローサーカスの特設サイトでは、約100名の団員(クリエイター)を紹介するとともに、ハローサーカスのポップで可愛い世界観をお楽しみいただける特集ページも公開しています。おもちゃ箱をひっくり返したような可愛い作品がずらりと並んでいますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ハローサーカス特集ページはこちら

そしてまもなく、千秋さんとビッグプロジェクトを発表予定です!どうぞお楽しみに。

クラウドファンディング「Creema SPRINGS」がスタート!

「クリーマ新規事業プランコンテスト2020」の採択案として、クラウドファンディングサービス『Creema SPRINGS』がスタートしました。

「自由な創造を、みんなで。」をサービスのコンセプトに、ものづくりやデザイン、アート、音楽、エンターテイメント……あらゆる領域で創造的な活動をする方々(=クリエイター)の、アイデアや夢、想いを応援してくれる仲間を募る、クリエイターの応援に特化したクラウドファンディングです。

(クラウドファンディング『Creema SPRINGS』立ち上げメンバー)

全国7か所でパブリックアートを同時展開する、”ENLIGHT2021”が始動

目玉企画としてスタートした、全国各地でパブリックアートを同時多発的に展開するプロジェクト、”ENLIGHT2021”にもご注目ください。制作アーティスト18名が決定し、いよいよ本格スタートです!

 

このプロジェクトを通して描かれる各地のアートによって、それぞれの地域がより一層魅力的に、そしてその街そのものや、目にした皆さんに、ポジティブな何かが生まれるきっかけになれば、と思っています。詳しくはこちらをご覧ください。

野菜や果物など、Creemaで農産物の取扱いをスタート!

Creemaのフードカテゴリーに「野菜」、「米・米粉・餅・穀類」、「果物(フルーツ)」が新設され、農産物の取り扱いがスタートしました!

毎日口にするお米や野菜だからこそ、味はもちろん、鮮度や栄養価、誰がどんな想いで作っているのかまで、こだわりたい。そんな声に応える形で農産物カテゴリーが誕生しました。

 

食品の在庫滞留や売上の減少などが一部で問題視されている、このようなタイミングということもあり、今回の農産物取り扱いのスタートが、全国の生産者の皆さまとCreemaユーザーの皆さまが出会う新たなきっかけとなり、想いを込めて作られた美味しい農産物が、たくさんの方々の手に届くことを心から願っています。

(農産物カテゴリー開設プロジェクトメンバー)

新卒一括採用1期生となる、8名の新卒メンバーが入社

2020年は、クリーマの新卒一括採用1期生となる8名の新卒メンバーが入社しました。初日からオンラインでの研修というイレギュラーな状況下でのスタートでしたが、熱い想いを胸に入社したみんなは、みるみるうちに力を付け、早くもそれぞれのチームで活躍しています。

 

フレッシュな新卒メンバーの加入により、クリーマはますます活気付いています!こうやって、想いを共有しながらともに成長できる仲間がどんどん増えていくことを嬉しく思います。今年もまた第2期生を迎えるのが楽しみです。

(新卒一括採用1期生のメンバー)

クリーマが東証マザーズに上場いたしました

11月27日、クリーマが東京証券取引所マザーズへ上場しました。

何より嬉しかったのは、今回の上場により「クリエイターの力」や「クリエイターの生み出す価値」の大きさが証明され、社会的に評価されたということです。これまで支えてくださった皆さまには、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

上場を記念して絵を描いていただきました

会社やサービスへの想い、そして「愛ある事業で、人を、世の中を元気にすること」というコーポレートミッションに込められた想いを受けて、画家のyui.stephanieさんにこの日1日で描いていただきました。

(写真左:yui.stephanieさん)

ハッピーな空気を纏ったこの絵のように、これからもクリーマを通して、たくさんの笑顔やあたたかな想いをお届けしたいな、と思いました。

最後に

2020年は、人々の暮らしが大きく変わるとともに、クリーマとしても様々な変化のあった一年でした。一方で、当初から掲げてきた「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアな世界をつくろう」という思いを胸に、クリエイターの皆さんが情熱をもってつくる素晴らしい作品を多くの方々に届けることや、より良いサービスを生み出していく努力を続けることは、これからも変わらず大切にしていきたいと改めて感じました。

 

上場という節目を迎え、新たなスタートラインに立つことができたここからが、クリーマの正念場なのだと思っています。愛と情熱をかけ取り組んできた「Creema」をより一層大きく、魅力的な場にすること。クリエイター活動の新たな領域の応援に繋がるチャレンジをしていくこと。そして、「愛ある事業で、人を、世の中を、元気にすること」、このコーポレートミッションの体現を目指して、2021年も邁進したいと思います。

 

先が見えない今だからこそ、これまで通り、一つひとつ丁寧に。メンバー一丸となって全力で取り組んでまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
この記事のタグ
同じカテゴリーの記事
人気の記事