BLOG

あなたはどれを選ぶ?夏の帽子カタログ13選

あなたはどれを選ぶ?夏の帽子カタログ13選

本格的な夏がやってきました……!

眩しい日差しと気持ち良い青空に気分も晴れやかではありますが、その一方で暑さも気になりますよね。なんといっても今年は、平年よりも気温が上昇すると予想されており、例年以上に熱中症や紫外線に万全の注意を払って過ごす夏になりそうなんです。

 

そこで今年の夏は、お気に入りの帽子で、”おしゃれに”日よけをしませんか?

日よけアイテムはいろいろありますが、コーデのワンポイントにもなり、一つあると重宝するのが帽子。帽子と一口に言っても、エレガントなものからカジュアルなものまで、個性もいろいろあるんです。

 

今回は、夏におすすめの帽子3種類を、その特徴とともにおすすめ作品もご紹介します。

帽子好きさんはもちろん、帽子初心者さんもぜひ相棒を選ぶ気分で探してみてくださいね。

【目次】

・日差し対策◎夏の定番「ハット」

 ー麦わら帽子

 ークロシェ帽子

 ーヘンプハット

 ーサファリハット

 ーチューリップハット

 ーバケットハット

・甘さ控えめでカジュアルに「キャップ」

・秋冬以外も楽しめる!「ベレー帽」

日差し対策◎夏の定番「ハット」6選

まずご紹介するのは、紫外線や日差しの対策をしっかりしたい!という方に人気の「ハット」。ハットとは頭が入る部分の周りを、ツバが囲んでいるデザインの帽子を指します。

ツバが長めのエレガントなものから、カジュアルコーデにもぴったりなツバが短めのものなど、個性のあるハットをたっぷりご紹介します。

夏らしさ満点。麦わら帽子

Creemaでも人気の帽子の一つが、「麦わら帽子」。通気性の良い麦わらの素材は見た目の爽やかさもありますが、実際にかぶってみても暑くなりにくく快適です。帽子の中にこもってしまう熱を外に逃してくれるので蒸れる心配もありません。

ナチュラルな素材なので、リネン・コットン服との相性も抜群。さらりとおしゃれに着こなせる帽子です。

広つばの麦わら帽子 Cecil Marine セシルマリン

凛と、美しく。をテーマに帽子を手がけるGrosgrain グログランさんの帽子です。様々な型・デザインの帽子をご出品されていますが、その中でも累計販売数400個を超える一番人気の帽子なんだとか。

 

大きめのツバで、正面からの日差しもしっかりガード。そしてエレガントなフォルムは、どこから見ても品のあるおしゃれな印象を作ってくれます。

 

夏らしいゆったりとしたワンピースや、ボーダー柄やホワイト、ネイビーなどマリンテイストの着こなしにもマッチしてくれそう。

”モガ”にも愛された、レトロなクロシェ帽子

フランス語で「釣鐘」を意味するクロシェ帽子は、全体的に丸いフォルムで、ツバは短め。すっぽりと顔を包み込んだようなシルエットなので日除けも期待できる上に、フェイスラインを綺麗に見せてくれるので小顔効果も期待できます。

 

また、大正時代にはモガと呼ばれた”モダンガール”の間でも人気を集め、古くから日本人に愛されてきた帽子です。レトロでクラシックな雰囲気漂う帽子ですね。

◆受注制作◆ 憧憬の コケティッシュ クロシェ 〜みるくきゃらめる〜 レトロ な形の 帽子 titimpuipui

ナチュラルなカラーに、キャラメル色のリボン。後ろ姿まで可愛らしくまさに乙女心がくすぐられるような、titim puipuiさんの帽子です。お顔を包み込むようなフォルムであり、帽子自体も明るい色味なので表情まで明るく演出してくれます。

 

titim puipuiさんの手がける帽子には、どれもそれぞれ異なる物語が添えられていますので、ぜひ作品紹介文もチェックしてみてくださいね。帽子をかぶることで、その物語の主人公になったかのような気分が味わえるかもしれません……!

夏の汗や匂いも解決。機能性も嬉しいヘンプハット

手編みハット【ヘンプ100%】 / 草木染め(ルバーブ) ダークイエロー

清涼感のある、手編みのヘンプハット。

作り手のRAINBOW WATERさんは帽子の他にもヘンプコットン生地のTシャツやタンクトップなど様々なヘンプ素材のアイテムを制作される作家さんで、どれも着心地が良さそうなものばかり。環境にも人にも優しい作品を多く出品されています。

 

そして、素材のヘンプは丸洗いも可能。たくさん汗をかく夏だからこそ、嬉しいポイントですね。また抗菌性・消臭性も持ち合わせている素材なので、夏でも快適に過ごせます。

気分は探検家。アウトドアにもぴったりなサファリハット

サファリハットは、狩猟旅行に適し、探検家たちが被っていた帽子のことを指し、日差しを遮る長いツバと風が吹いても飛ばされないよう付けられたあご紐が特徴です。登山やキャンプ、フェスなどアクティブに動きたい日にもおすすめの帽子です。

Organic Cotton サファリハット Lサイズ【ボタニカルダイ/ログウッド】

オーガニックコットンにこだわり、衣類や日用品を作られているCOCOCOCOさんのサファリハットは、もちろんオーガニックコットン製。深みのあるモスグリーンの色味は、ボタニカルダイと呼ばれる植物から抽出した染料を用いて染められているので、どんなコーデにも合わせやすいナチュラルさです。

 

紐含めすべてにコットンが使用されていますが、内布には薄めのオーガニックコットンが使われ、汗による蒸れも気になりにくい作りになっています。

愛らしい花のシルエット。チューリップハット

チューリップを逆さまにしたような形が可愛らしい「チューリップハット」。頭を入れる部分(クラウン)とツバが一体化しており、女性にも人気の帽子です。裏表ひっくり返してリバーシブルで着用できる2wayタイプのものも多くなっています。

hana block tulip hat / 花ブロックと手織りヘンプのチューリップハット / ブラウン

帽子に加えて、ショルダーやトートバッグも手がけるaibrancoさんのチューリップハット。リネンや手織りのヘンプ(麻)、コットンなどナチュラルな風合いの生地を組み合わせて作られています。

 

使用されているのはaibrancoさんオリジナルのテキスタイル。沖縄伝統の「花ブロック」のデザインが施され、味わい深い落ち着いた風合いが魅力です。とても軽く、気持ち大きめに作られているので、帽子のかぶり心地が快適!という嬉しいレビューも。

カジュアルにも、きれいめにも。バケットハット

90年代に流行し、近年また注目が集まっているのが、「バケットハット」。バケツ(英語:bucket)をひっくり返したような底が平らなシルエットに由来しています。

 

ツバは短く、性別問わず愛用しやすいデザイン。もともとはアウトドアシーン中心でかぶられていましたが、最近ではカジュアルコーデはもちろん、きれいめなコーデの外しアイテムとして使う方も増えてきています。

Grandpa デニムハット(帽子)

BLUEWHITEさんのデニムハットは、大人っぽい濃いデニム素材のバケットハットで、カジュアルなTシャツなどシンプルなコーデにも合わせやすいデザインです。濃いブルーのデニム地に施されたワンポイントの刺繍が程よいアクセントに。

刺繍をよく見ると、真っ赤なポロシャツを着たおじいちゃんがスケーターに乗って滑走中……という遊び心も詰まったバケットハットです。ちょっとしたお散歩も、ラフに、おしゃれに過ごせますね。

甘さ控えめでカジュアルに「キャップ」3選

続いてご紹介するのは、カジュアル派さんにおすすめの定番アイテム「キャップ」です。

小さい頃から馴染みのある帽子の種類ですが、子どものみならず大人にもおすすめしたい帽子。ベーシックでナチュラルな色味のものを選べば、大人でもかぶりやすいアイテムなんです。今回は厳選して3作品ご紹介します。

【ピンク系】とっさのひと言キャップ/ポップバージョン

ワンポイントに施されたバナナの刺繍やイラストで、遊び心を感じさせるアイテムを数多く手がけるブルーバナナスタンドさん。一見シンプルにも見えますが、フロント部分にワンポイント刺繍が施されています

そこに描かれているのはバナナではなく……「Oops!」の文字。バナナの皮を踏んづけてしまった時に思わず言ってしまいそうな一言シリーズという秀逸なデザインです!シンプルなコーデの中に、さりげなくユーモアを添えてみてはいかが?

モリノガッコウ 麦わらキャップ ハイクキャップ 【ブラック】麦わら帽子 ストローハット

作り手のもりのがっこうさんが理想とする「デザイン」「風で飛ばない」「通気性がいい」「小顔効果がある。」を叶えるべく、細部までこだわって作られた麦わらキャップです。

 

麦わら帽子とマリンキャップの間のようなデザインなので、カジュアルコーデにも合わせやすく、また甘くなり過ぎないので気軽にコーデに取り入れやすいのも嬉しいですね。

コーデュロイキャップ【キャメル】;クロワッサン刺繍付

通年かぶりやすいキャップですが、素材にこだわれば季節感を出すこともできるんです。

ワンポイントにクロワッサン刺繍が施された、遊び心のあるアイテムを多く作られているニホンバシベイカリーさんのキャップをご紹介します。

 

夏が終わりかけてくると、服や小物も少しずつ秋へとシフトしていきます。まだまだ暑い今ですが、秋の予感を感じてきたら、まずは色や小物から季節感を取り入れるとおしゃれさんに。夏のキャップが気に入ったら、ぜひコーデュロイ素材の秋冬向きキャップも取り入れてみてください。

秋冬以外も楽しめる!「ベレー帽」4選

芸術家がかぶっているような、どこかアーティステックな雰囲気をまとったベレー帽。実は2種類あり、丸みを帯びたフォルムで、頂点にちょこんと出た”チョボ”がついているのは「バスクベレー」とチョボはついておらず被るふちの部分にレザー等でハイピングが施された「ミリタリーベレー」があります。

 

秋らしい、ほっこりとした印象を受ける方も多いと思いますが、秋冬のみならず一年中楽しめる素材のものもあるんですよ。今回は暑い夏にもぴったりな4作品をご紹介します。

新作リンゴベレー☆ドットジャガード<GR>

ベレー帽を中心に、ハットやニット帽など数多くの帽子を手がけるluludechapeauさんのベレー帽。チョボの部分には揺れる葉っぱがあしらわれ、まるでリンゴのようなデザインです。

 

大きなドット柄の生地も落ち着いたブルーのジャガード織なので、子どもっぽくならず大人でもかぶりやすいデザインです。使用されている素材は、コットン100%。吸水性に優れた涼しい素材なので、一年中愛用できます。

夏素材のベレー帽~Panamacloth Beret~

ナチュラルな風合いで、暑くても涼しげに決まる夏素材のベレー帽。作り手は、帽子のみならずヘアバンドや革製品などファッション小物を多く手がけている帽子作家sleepslopeさんです。

 

素材には、さらりとした手触りでとても軽いパナマクロスが使用されています。帽子の内側には、サイズ調節ができるマジックテープも施されているので、頭のサイズにフィットさせることができますよ。通気性も良い素材なので、夏の蒸れも気になりません。

夏帽 whip beret/natural

ホイップクリームのようなシルエットが愛らしい、NEKOKAMURIさんの「夏帽」。そのユニークな型はNEKOKAMURIさんオリジナルのものです。

 

素材にはBAO(バオ)と呼ばれる籐のつるを加工した天然素材が使用され、とっても軽やかなかぶり心地。可愛らしいデザインで、かぶり心地も快適な「夏帽」は、暑さが憂鬱に感じる日も気分を上げてくれそうですね。

形を変えて個性を楽しむ変形ベレー 『マカロン macaon』natural

清涼感たっぷりなこんなベレー帽も。帽子デザイナーのJamHatさんのベレー帽「マカロン macaon」はその名の通りマカロンのようなぷっくりとしたシルエットが特徴的です。

 

「ツバが広いハットは苦手、かといってカジュアルなキャップには抵抗がある」という人もかぶりやすい、カジュアルな中にも女性らしさを感じさせるデザインです。トップは部分的に凹ませることもできるので、個性的なフォルムにアレンジして楽しむこともできますよ。

コーデのアクセントにも、紫外線対策にも。お気に入りの帽子で心地よい毎日を。

▲かぎ編みで製作された、crochet aiさんの手編みハット。丸めて持ち運びもできるので、外出時にかさばらないのも嬉しいですね。

ハット、キャップ、ベレー帽と3種類の代表的な形の帽子をご紹介しましたが、気になる帽子は見つかりましたか?

 

コーデにプラスするだけで、アクセントとなってくれる帽子は、重ね着をしないシンプルなコーデになりがちな夏こそ、おすすめしたいアイテムです。

 

自分らしい定番帽子を見つけるもよし。今までは取り入れて来なかった新たな帽子を探すもよし。帽子とともに、夏の装いを楽しんでみてはいかがですか?

この記事を読んだ方におすすめ!

(特集)お出かけのマストアイテム 日傘・帽子・ストール

日差しが強い日のお出かけに欠かせない、日よけアイテムをご紹介します。機能的だけどおしゃれも楽しめるものばかりです。紫外線対策だけでなく、肌寒い時にさっと羽織れるストールも一枚あると便利ですよ。

(特集)気張らず楽ちん ゆったりワンピース

さらりと着れて涼しいことから、夏に重宝するワンピース。今回はその中でも特にゆったりとしたデザインでリラックスできる作品を集めました。帽子と組み合わせて、爽やかな夏の装いを楽しみませんか。

(読みもの)知れば知るほど興味深い。リネン派さんとコットン派さんが語る、涼しい夏をむかえるための洋服選び

夏を涼しく乗り切りたいときに着たいのはリネン(麻)とコットン(綿)どちらですか?。クリーマスタッフのリネン派、コットン派にそれぞれの素材の良さやメリット・デメリットを調査しました。素材を楽しむ洋服選びをはじめてみませんか?
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事