BLOG

繰り返し使えるエコラップ。スタッフが実際に使ってみました!

2021.10.07
繰り返し使えるエコラップ。スタッフが実際に使ってみました!

こんにちは、クリーマ広報の重岡です。

 

みなさんは「エコラップ」をご存知ですか?

使い捨てではなく、洗って繰り返し使えるラップのことで、近頃は雑貨店で見かけることも増えました。けれど「チャレンジしたいけど、どんな使い心地かわからなくて不安……」というも多いのではないでしょうか。

 

かくいう私もそのひとり。ということで、今回は実際に私がエコラップを使ってみて、その使い心地をレポートしていきたいと思います。

 

エコラップとは?

通常のラップとは異なり、エコラップは洗って繰り返し使うことができます。

またその原料はプラスチックではありません。蜜蝋や、ホホバオイル、天然の樹脂などを使用して作られているので、最後は土に還るのが特徴です。

 

プラスチックは処理する際に有害物質が排出されたり、海へ流されると自然動物へ悪影響が出たりしてしまいます。そのため近年プラスチックごみを減らすことは世界的な課題となっています。

プラスチックフリーなエコラップを使うことは、環境を守るための取り組みになるのですね。

実際に使ってみました

今回はkasi:さんのエコラップを使わせていただきました。

kasi:さんのエコラップはミツロウ、ホホバオイル、松脂を国産のオーガニックコットンに染み込ませて作られています。

四季折々の木の実や草花で染められた、素朴で優しい色合いがとても素敵です。

意外にも表面はベタつく感じはありません。

少しザラっとしていて、通常のラップよりは硬めの質感です。

エコラップ同士を合わせると、しっかりくっつきます。

早速、お皿にかぶせてみます。

ピンと張りながら被せ、最後にフチをしっかり抑えてあげましょう。

手の温度で少しエコラップを柔らかくして、お皿にフィットさせるのがポイントです。

冷えるとまた固くなるので、より固定されます。

 

サイズ展開も豊富なので、用途に合わせてサイズを選んでくださいね。

もちろん野菜を保存するときにも使うことができます。

切り口をエコラップに密着させて包んでいきます。

ミツロウとホホバオイルには抗菌作用も期待できるので、食材の鮮度が保たれやすいのだとか。

 

ただ、繰り返し使うのでお肉やお魚を包むのは避けた方が良いでしょう。

また、酸で溶けてしまうこともあるので、柑橘系の果物にも注意です。

お皿のとき同様に手で温めながら包んでいきます。

慣れない感覚に最初は戸惑いながらだったのが、だんだん包むのが楽しくなってきました。

不思議と、いつもより食材を大事にしようとも思えます。

 

エコラップを使うと料理も楽しくなりそうです。

このようにおにぎりを包んでも◎

エコラップは熱に弱いので、温かいものを包むときはしっかり冷ましてから包むのがポイントです。

エコラップで包んだおにぎりは、どこかしっとりとしていて、ツヤも増すよう……。

好きな色や柄のものを使うと、なんだかランチタイムが楽しみになりますね。

食べ終わったあとは、このように小さく畳むことができます。

コンパクトになってかさばらないのが嬉しいです。

 

お家で保管する時も折りたたんでしまって置くとスペースを取らずにすみますよ。

エコラップのお手入れ

繰り返し使うエコラップは、使ったらお手入れしてあげましょう。

洗う際は熱いお湯ではなく冷水やぬるま湯で、台所用の柔らかいスポンジを使って軽く擦ります。

洗剤を使うときは中性洗剤を。洗ったらよく乾かして保管してくださいね。

 

また、長く使っていると表面が白くなりガサガサとすることがあります。

そんな時は100度のオーブンで2~3分温めると復活!

約1年、繰り返し使うことができます。

エコラップを取り入れて地球に優しい生活を

実際にエコラップを使ってみて感じたのは、ただエコなだけでなく使う楽しさがあるということでした。おにぎりや食材を可愛く包むのは毎回ワクワクします。

また、丁寧に手作りされた素敵なエコラップは、使い捨てのラップとは違い、お気に入りのアイテムとして大事にしたいなという気持ちが湧いてきました。

ものを大事にしたいというちょっとした気持ちが、地球に優しい生活に繋がるのだなと思いました。


 

記事を読んでエコラップに興味を持った方は、ぜひこちらの動画もご覧ください。

実はキットを使えば、エコラップをお家でも作ることも。

急に「環境に配慮した生活を」と言われると難しいかもしれませんが、エコラップのようなものを何かひとつ取り入れてみると、少しずつ意識が変わるのかもしれませんね。


 

そんなエコラップの作り方や、お手入れ方法をこちらの動画でもご紹介しています。

ぜひご覧ください!

ミツロウラップの作り方【工福のレシピ】

【キット】ミツロウラップ簡単手作りキット45g ORGANIC WRAP KIT 蜜蝋ラップ

動画内で紹介されていたKasi:さんのミツロウラップキットはこちら!

この記事を読んだ方におすすめの記事・特集

(読みもの)「ものづくりの現場から発生した廃棄物を、ものづくりの力によって生まれ変わらせる」遠州織物の切れ端で作られたアップサイクル作品

(読みもの)「ものづくりの現場から発生した廃棄物を、ものづくりの力によって生まれ変わらせる」遠州織物の切れ端で作られたアップサイクル作品

全国の “逸品”と称される素材や工芸品と、クリエイターを繋ぐ「全国いいもの発見プロジェクト-日本の逸品×作り手-」。その第6弾は静岡県浜松市の遠州織物!その中で募集した、遠州織物の切れ端を使ったアップサイクル作品をご紹介します。

(読みもの)「Creemaとサスティナブル」tumuguさん ~役目を終えた思い出の品に、デザインの力で新たな命を。

(読みもの)「Creemaとサスティナブル」tumuguさん ~役目を終えた思い出の品に、デザインの力で新たな命を。

脚が折れた学校机や割れてしまった楽器など、役目を終え捨てられゆく思い出の品をインテリア製品に「アップサイクル」されているtumuguさん。「アップサイクル」とは、古くなった物や使わなくなった物を、デザインやアイデアの力を使って新しく生まれ変わらせる活動のことを指します。アップサイクル活動を始められたきっかけや、作品に対する想いを伺ってきました。

(特集)もっと料理が好きになる。キッチンの道具80選

(特集)もっと料理が好きになる。キッチンの道具80選

家族や自分のために準備する、お料理の時間。そんな時間をより楽しく、快適にしてくれるアイテムがあれば、料理がもっと好きになるはずです。見た目もかわいいキッチン道具から、多機能な収納棚まで。種類豊富にご紹介します。

ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事