BLOG

新潟県糸魚川市(匠の里創生事業)とクリエイター支援における連携をスタート

クリーマは 「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで大規模な新しい経済圏を作る」というヴィジョンのもとスタートし、ハンドメイドマーケットプレイスやクラフトイベント、クリエイター向けセミナーなど、作り手が自身の世界観を思う存分に発揮し、持続的な活躍をするための後押しを目指した様々な活動をしてまいりました。

 

この度、クリエイターの制作活動を応援し、ものづくりと芸術による活力あるまちづくりを目指す新潟県糸魚川市と思いが一致したことにより、今回の取り組みにいたりました。

新潟県糸魚川市(匠の里創生事業) × Creema 連携内容について
連携業務の概要

(1) 糸魚川市の匠の里創生事業関連施策の企画・立案・実施における情報交換・助言・提案

 

(2) 糸魚川市の移住定住制度および、匠の里創生事業関連イベント等に関する情報発信

クリーマは、全国各地で逸品とされる素材や工芸品と、優れた技術と感性を持つCreemaクリエイターのコラボレーションにより、新たな地域の魅力を発信する「全国いいもの発見プロジェクト-日本の逸品×作り手-」やものづくりに縁のある街を訪れ、その地の人々とともに市(いち)を開く、「Creema Craft Caravan(クリーマクラフトキャラバン)」など、これまで培ってきたCreemaのプラットフォーム基盤と発信力を生かした、地域との連携による取組みを強化しています。

「全国いいもの発見プロジェクト-日本の逸品×作り手-」
第一弾:長野県 「岡谷シルク」、第二弾:岡山県 「岡山畳縁」の企画で合計79点が商品化され、現在は第三弾:熊本県「いぐさ」と第四弾:福島県「白河だるま」との企画が進行中
「Creema Craft Caravan(クリーマクラフトキャラバン)」
2017年9月9日(土)・10日(日)に第一回「Creema Craft Caravan」を福岡県 糸島市にて開催(予定)

今回の糸魚川市との取組みでは、地域の魅力や応援体制などの情報発信を中心に、作り手と地域が繋がるきっかけを提供することで、双方の新たな可能性を広げられるのではないかと考えました。

 

今後も、Creemaならではの地方創生を実施することで、ものづくりの和を広げてまいります。

新潟県糸魚川市 米田徹市長のコメント

平成28年12月22日に発生した糸魚川市駅北大火では、多くのボランティアや全国から義援金、お見舞をお寄せいただき、皆さまのご厚情に心よりお礼申し上げます。

火災発生から8か月の歩みの中で、当市の中心市街地である被災地の復興の方向性を示す「糸魚川市駅北復興まちづくり計画」の策定にも取り組み、復興まちづくりへの一歩を踏み出しました。

糸魚川市では、匠の里創生事業として、「ものづくり」と「芸術」による活力あるまちづくりを進めているところですが、このたび、日本のハンドメイド・クラフトを応援し、活躍されている株式会社クリーマ様と連携させていただくことで、この取組みを更に幅広く進めていきたいと考えております。


平成29年8月31日 糸魚川市長 米田 徹

匠の里創生事業について

新潟県糸魚川市が、「ユネスコ世界ジオパーク」認定を受けた豊かな地域資源、文化、歴史、温かい地域住民との連携を活かし、地域に新しい風を呼び込むために展開する、手づくり作家の移住推進事業。

移住を希望する手づくり作家を募集し、決定した移住者には、関連アートイベント展示用作品制作費と、市が空き家を借り上げて一部改修して貸し出し、一定期間、家賃、光熱水費の日常生活にかかる部分を負担するものです。

また、市内で開催される関連アートイベントを共に、企画・運営し、作り手の活動を支援します。

これまでに2組3名の手づくり作家が移住し、豊かな自然に囲まれた環境で制作活動に勤しんでいます。

[参考]糸魚川市総務部定住促進課人口減対策係 : http://www.city.itoigawa.lg.jp/item/18862.htm#moduleid7624

「全国いいもの発見プロジェクト-日本の逸品×作り手-」
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーして
ブログに貼り付けてください