BLOG

色ごとに違う、紫陽花の花言葉【クリーマ花便り】

こんにちは。クリーマ編集部の庄司です。

 

梅雨になるとよく目にする、紫陽花。しとしと降る雨に濡れて咲く花は青、紫、桃色がふんわりと混ざり合い、雨の日特有の霞がかったような空気の中でとても幻想的です。

 

そんな紫陽花ですが、花の色によって花言葉が大きく変わるってご存知でしたか?最近では、そのポジティブな花言葉から、お母様へのプレゼントや結婚式の演出に人気がある色もあるんです。

 

今日は、青、紫、白、ピンクなど、さまざまな色の紫陽花と、色ごとの花言葉をご紹介します。お部屋に飾るときや、誰かに贈るときのヒントにしてみてくださいね。

青、青紫の紫陽花の花言葉

日本でよく目にする、青い色の紫陽花。紫陽花の色は、土壌のpH値によって決まると言われており、日本の土壌は弱酸性であることが多いため、青〜青紫の紫陽花になりやすいんだそうです。

 

その青い紫陽花の花言葉は、『冷淡』『無情』『辛抱強い愛情』など。雨に耐えて咲く姿から、そんなイメージが連想されるのかもしれませんね。

白い紫陽花の花言葉

紫陽花の色のもとは、アントシアニンという色素なのですが、真っ白な紫陽花にはこの色素がないため、土壌の影響を受けず白く咲くそうです。

 

そんな白い紫陽花の花言葉は『寛容』。パートナーと認め合う意味を込めて、結婚式の装飾にも人気がある花言葉です。

ピンクの紫陽花の花言葉

日本で見られる薄桃色ではなく、もっと鮮やかなピンクの紫陽花もあるんです。ヨーロッパなどの雨が少ない地域では土壌がアルカリ性になりやすく、そこに咲く紫陽花には濃いピンクがあらわれるのだそう。

 

このピンクの紫陽花の花言葉は、『元気な女性』『強い愛情』など。お母様へのプレゼントに人気なのはこの色です。長寿のお祝いなどには、紅白の紫陽花をセットで贈る…というのも粋ですね。

花の特徴から。すべての色の紫陽花がもつ花言葉

このように色で変わる紫陽花の花言葉ですが、実は色を問わず共通の花言葉も数多く持っているんです。

紫陽花には、さまざまな色があること、また咲いた時からずっと同じ色なのではなく、根から吸う成分によって咲いている間にも色が変わることから、『移り気』『浮気』『変節』という花言葉があります。

 

一方で『和気あいあい』『家族』『団欒』など、ポジティブな花言葉もあります。これは、小さな花が集まって咲いているようにみえることが由来と言われています。紫陽花は、家族いつまでも仲良くいたい、という気持ちを込めて贈るのにも ぴったりなお花です。

紫陽花の花言葉を知って、上手に気持ちをあらわそう

様々な花言葉を持つ、紫陽花。とても表情豊かな花に見えてきませんか?

 

自分の今の気持ちに沿った色を家に飾ったり、贈る相手にピッタリの花言葉から色を選んだり。プレゼントに紫陽花を贈る時には、選んだ花言葉をメッセージカードに添えて、上手に気持ちを伝えたいですね。

(撮影に使用した作品)

山下透さんのピッチャー

 

この記事を読んだ方におすすめの記事
ミモザ、バラ、紫陽花も自分でドライフラワーに!花の種類別に作り方をご紹介[後編]
紫陽花のドライフラワーの作り方も教えていただきました。
アートをもっと身近に。4人の暮らしに見る、絵や壁掛けの楽しみ方、飾り方。
絵や壁掛けアートとともに、花や植物を取り入れたインテリアをご紹介。
関連特集
しっとりと咲く 6月の紫陽花100選
梅雨の季節の楽しみといえば、青や紫、ピンク色の鮮やかに咲く紫陽花。クリーマにもたくさんの紫陽花が咲いています。憂鬱になりがちな梅雨を爽やかに感じさせてくれる、美しさがぎゅっと込められた作品をご紹介します。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事