BLOG

髪の長さ別・浴衣に似合うセルフアレンジと髪飾り[浴衣ヘアアレンジPart.1]

2018.06.23

こんにちは。クリーマ編集部の庄司です。

 

梅雨があければ、夏。花火大会や縁日など、浴衣を着る季節になりますね。

 

せっかく浴衣を着るのだから、髪型も浴衣に似合うものにしたい!でも、普段と違う髪型ってどうすれば…?髪飾りはどんなものを選べばいいんだろう…?とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今日は、髪の長さ別・浴衣に似合うヘアアレンジと、浴衣にピッタリの可愛いヘアアクセサリーをご紹介します。三つ編みとくるりんぱで作れる簡単なアレンジですので、チャレンジしてみてくださいね。

シンプルヘアクリップでまとめる、ロングヘアの浴衣ヘアアレンジ
必要なもの

ゴム×3

ピン2〜3本

ヘアクリップ(CAPRISさんのヘアクリップ「drawing(w)」を使用)

今回使ったヘアクリップはこちら

[1]スタート。ヘアクリームなどでまとめやすくしておくとよいです。

[2]髪の上半分、右側を心持ち多めにとり、結んでくるりんぱをします。

[3]残りの髪を右下にまとめ、結んでくるりんぱをします。

[4]2つの束を一緒にしてから3つに分け、三つ編みをしてゴムで結びます。

[5]三つ編みを右から左に向かって頭の下に沿わせ、毛先を折り込み、ピンで 留めます。ピンは髪の下に入れ込むようにして隠すときれいです。

ヘアクリップを挿して完成です。髪をまとめた方と反対側に、頭に沿わせるように挿すとバランスよくなります。

 

アシンメトリーに作った三つ編みを生かすなら、シンプルなアクセサリーが好相性。大人っぽく仕上がり、華やかな浴衣も引き立ててくれそうです。

旬のマジェステでつくるまとめ髪。ボブ・セミロングの浴衣ヘアアレンジ
必要なもの

ゴム×3

ピン2〜3本

マジェステ(matsucoさんのカラフル毛糸のマジェステを使用)

今回使ったマジェステはこちら

[1]毛先を残す髪型なので、毛先を軽く巻いておくときれいに仕上がります。

[2]サイドの髪を残し、後ろでひとつ結びをして…

[3]結んだ髪を上から通し、くるりんぱをします。

[4]残したサイドの髪を三つ編みにして、ゴムで結びます。

[5]三つ編みを細かく引っ張ってほぐします。

[6]左右の三つ編みをくるりんぱの下に沿わせ、真ん中の位置にピンで固定します。この時、三つ編みの先を地肌側に折り込んで毛先を隠すときれいです。

結び目の上にマジェステを挿して、完成です。

 

アップにするには少し足りない…という髪の長さの方も、後ろ姿を華やかにしつつすっきりまとめることができます。和っぽくなりすぎないマジェステは、モダンな柄の浴衣とも相性が良さそうです。

 

大きめ髪飾りで華やかに。3ステップ・ショートの浴衣ヘアアレンジ
必要なもの

ゴム×1

ヘアクリップ(asamameさんの水引 かごめ結び ヘアクリップを使用)

今回使ったヘアクリップはこちら

[1]最初の状態。ムースなどでアレンジしやすい状態に整えておきます。

[2]髪飾りをつける方の髪を少なくするように、前髪から頭頂にかけて分け目をつくります。

[3]サイドの髪を少量とり、三つ編みにして、おわりをゴムで結びます。

位置を見て髪飾りをつけて、完成です。ヘアクリップが落ちてしまうのが心配な場合は、ピンで固定すると安心ですよ。

 

複雑なアレンジがなく、アクセサリーが主役になる髪型ですので、存在感があるヘアアクセサリーで華やかに仕上げると可愛いです。せっかく浴衣を着るなら、水引や花飾りなど和装ならではのアクセサリーを選ぶのも楽しいですね。

 

1つは欲しい、浴衣と髪型にピッタリの髪飾りを選ぼう

今回は、マジェステやヘアクリップを使ったヘアアレンジをご紹介しました。髪に留められる飾りであれば、つまみ細工のピンや、バレッタを使っても可愛いです。浴衣の色や柄に合わせて探すと、ぴったりの髪飾りを選べますよ。

水引のヘアアクセサリーはこちら

次回は、浴衣といえば外せないヘアアクセサリー「かんざし」の挿し方をご紹介予定です。ロングの方はもちろん、ショートの方の挿し方も。お楽しみに!

この記事を読んだ方におすすめの記事・特集
[お呼ばれヘアアレンジPart.2]カチューシャとバレッタで、ちょっと凝ったセルフアレンジを
和装にもぴったりのフルアップアレンジをご紹介。
バレッタ、マジェステだけじゃない。簡単かわいい、新定番ヘアアクセサリー
この記事で登場したマジェステのほか、ヘアバトンやコームなど旬なヘアアクセサリーをご紹介しています。
今年注目 浴衣とバッグ・小物
特別におしゃれしたい、浴衣姿だからこそ。とっておきの浴衣とヘアアクセサリーを選びませんか?
新調すれば、花火大会にお祭りなど夏のイベントが一層待ち遠しくなりますね。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事