BLOG

春を告げる花、ミモザの花言葉は? ミモザの日や鮮やかな飾り方も

春を告げる花、ミモザの花言葉は? ミモザの日や鮮やかな飾り方も

こんにちは。クリーマ編集部の庄司です。

 

明るいイエローが鮮やかに春を告げる、ミモザ。小さなポンポンが集まったように咲く姿が可愛らしく、元気をくれる花です。そんなミモザは、3月8日の国際女性デー(ミモザの日)で女性に贈られる、シンボリックな花でもあります。今日は、飾ったミモザを眺めながら、ミモザの日の景色や、ミモザの花言葉など、ミモザにまつわるお話を調べてみました。

ミモザってどんな花?

ミモザと聞いて思い浮かぶのが、鮮やかな黄色い花。ポンポンのような小さく丸い花が集まって咲くのが特徴です。成長が早く、5mを超える木に育ち、花の時期には木の枝全体が黄色い雲かわた菓子のようにふんわりと見えます。花はドライにしてもきれいな黄色が残るので、リースやスワッグ、ドライフラワーなどインテリアにも人気なんです。

プレゼントにも選びたい、ミモザの花言葉とは

実はミモザの花言葉は由来や色別で異なり、たくさんの花言葉のあるミモザ。贈る時には花言葉を使ったメッセージを添えると、きっと気持ちが伝わります。それぞれご紹介します。

本場イタリアのミモザの花言葉は「感謝」

イタリアでは、ミモザは女性に感謝を伝えるための花として贈られます。3月8日の「国際女性デー」でも知られるように、ミモザは日々感謝を伝えるのにうってつけなのですね。

「優雅」「友情」

小さな黄色の丸いお花がたくさん寄り集まって、ゆらゆら風に吹かれながら咲いている様子が愛らしいミモザ。その様子から「優雅」、「友情」という花言葉も。
男性から女性に贈るイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、その親しみやすく可愛らしい見た目から、普段から仲良くしている友人にプレンゼントするのにもおすすめです。

フランスのミモザの花言葉「感受性」「思いやり」

フランスでは、ミモザの形に似たピンク色のオジギソウのこともミモザと呼ぶそうです。そのオジギソウは、指でほんの少し触れるだけですぐに葉を閉じます。その繊細は特徴が由来し「感受性」、「思いやり」という花言葉がミモザにはついています。

黄色のミモザの花言葉は「秘密の恋」

こちらはアメリカ先住民ネイティブインディアンの告白の習慣が由来になっているんだそう。愛の気持ちを内に秘めた若い男女がミモザの花を差し出してその気持ちを伝えたのだそうです。

オレンジ色のミモザの花言葉は「エレガント」「上品」

ひときわ目を引くオレンジ色のミモザは、ふさふさした花を揺らしながら咲き誇る様子がいっそう目立ちます。ポンポンと可愛らしい黄色のミモザと比べても、存在感があってしとやかな雰囲気。そんな特徴からついた花言葉です。

白色のミモザの花言葉は「頼られる人」「死に勝る愛情」

ミモザはマメ科の植物で、じつは実は豆です。その実には毒があるそうです。また、腐りにくく丈夫なミモザ自体の特徴からついた花言葉です。

3月8日「ミモザの日(国際女性デー)」とは

ミモザといえば思いつくのが、3月8日に女性に感謝を伝えるイタリアの記念日「Festa della Donna(=女性の日)」別名「ミモザの日」です。現在は、国際女性デーという名称でも親しまれています。

 

この国際女性デーに類する女性のための日は世界各国にありますが、贈られる花がミモザと決まっているのはイタリアだけ。これは、大戦後初めて迎える1946年の女性の日、イタリアの女性連合によって提唱されました。最初はすみれの花が候補に挙げられていましたが、高価なすみれに対し、ミモザはイタリアに自生する身近な花で、これならば貧富の差に関係なく誰でも身近な女性に感謝の意を表すことができる、とミモザに決まったそうです。

 

イタリアでは日常のちょっとした時にも花を贈る習慣が根付いていて、街のいたるところに花屋があります。3月8日は街中の花屋にミモザがあふれ、街を歩く人々の手にはミモザが。夫から妻へ、息子から母へだけでなく、同僚の女性に、常連のお客さんに、更には女性同士でもミモザを贈り合います。もらったミモザは、胸につけたり壁に吊るしたりして大切に飾ります。花をもらう機会が多いイタリアの女性たちにとっても、ミモザはちょっと特別な花なのかもしれません。

ミモザをお花屋さんで買ったなら。ミモザのお手入れと飾り方

ミモザは木に咲く花で、お花屋さんでも枝で売られていることが多いです。枝は固く普通のハサミでは切りづらいので、園芸用のハサミやナイフを使うと切りやすいですよ。花器の高さに合わせて枝を切り、水に浸かる部分の葉と花はすべて落とします。ドライになってもきれいな黄色が残るので、長く楽しめます。

お部屋に春を呼び込む。ミモザのおすすめ作品10選

★再販200over★1年中楽しめる「ミモザとグリーン」ガラス器アレンジ 「Creema限定」

曲線が美しい花器に、ぽんぽんと可愛いミモザを生けたSEASONさんの作品。花器の中にはリアルな人工水(マジックウォーター)が入っていて、水替えは不要でお手入れも簡単なのに、生き生きとした雰囲気があります。「お部屋に花を飾りたいけど、お手入れが不安」という方にもおすすめの作品です。

【ハーバリウム】『BLOOMING GARDEN』ミモザボトル  *メッセージカード無料

可憐な黄色のミモザに、パープルカラーのアメジストセージ、植物のグリーンを組み合わせることで、春らしい鮮やかな色彩に仕上がったmillemercis(ミルメルシー)さんのハーバリウム。アンティーク調のガラス瓶の中に、春を美しいまま閉じ込めたかのようです。光が透き通ると様々な表情を魅せてくれるので、窓際に飾ってみるなど、様々な楽しみ方ができます。

〈 ミモザ 〉 スカーフ

ソフトサテンという光沢のある生地にミモザのイラストがプリントされたポンチセさんのストール。ほどよい厚みがあるので、気温の寒暖差が大きい春に活躍します。 くるくるっと巻いたときに表れるミモザの花と葉のイエローとグリーンが春らしいアクセントになります。さまざまな用途として使えるストールは贈りものとしても喜ばれます。

ミモザの花の刺繍製作キット〜オリジナルモール糸で簡単に刺繍できる花刺繍シリーズ〜

オリジナルのモール糸でミモザのふわっとした質感が表現できる、Art Fiber Endoさんのミモザ刺繍キット。
制作に必要なものが全てセットになっているので、刺繍初心者の人でも始められます。

【花咲く傘】ミモザ【Hanayukiオリジナルアート】

Hanayukiさんの「花咲く傘」シリーズから、春にぴったりなミモザが描かれた傘です。Hanayukiさんがガラスペンを使い、手書きで描いたミモザの原画を、傘用にデザインしたものです。
雨の多い春から初夏にかけての季節にこの傘をさせば、見上げて心躍る雨の日に。
80〜90%ほど紫外線をカットするので、晴雨兼用で日常的に使えるのも嬉しいポイント。

【メルマガ掲載】春を告げるミモザのガラスドーム spring ネックレス

直径2.5cmのガラスドームの中に、春の訪れを告げる本物のミモザが入ったmomoxxさんのネックレス。ミニチュアのフェイクスイーツも手掛けるクリエイターらしく、細部まで見惚れてしまうような繊細な仕上がりです。眺めているだけで気分が上がりますし、春らしい装いのアクセントに取り入れたいですね。

ミモザリースのサンキャッチャー〜ステンドグラス〜

「春の、ほわっと軽やかな空気を、窓際から呼び込む」そんなイメージで作られたStudio Glass-Ivyさんのサンキャッチャー。
光に揺られきらめく異なる色と質感のガラスが、さまざまな表情で見る人の心を奪います。

刺繍のふわふわミモザ iPhoneケース

yururiさんのミモザの刺繍のスマホケースは、その立体感が本物さながらで思わず「かわいい!」と触りたくなってしまいます。手触りがよく滑り止めにもなるのもポイント。
色展開も豊富なので、プレゼントやお揃いにして使う人に合わせて選ぶのも楽しい作品です。

小粒で可憐なミモザ刺繍 ビーズ刺繍 イヤリング/ピアス

耳元でを可憐なミモザが飾るこちらのイヤリング(ピアス、ノンホールピアスも可)はshinekirariさんの作品。さりげなくラメの入った刺繍糸、光沢感の美しいチェコビーズを使い、ミモザの可憐さを丁寧に表現しています。コットンパールの下にはイエローのスワロフスキー。春の暖かな光を集めてキラキラと輝くイメージで作られているそう。つけ心地も良く、軽やかな春の雰囲気がギュッと凝縮されています。

ハンドペイント フレンチリネンマリンバッグ ミモザとタンポポ ベージュ

春にぴったりな素材やデザインのバッグを新調したい……と思っている方にぴったりなSomei et Miaiさんの作品。最高級のフレンチリネン素材を使い、ミモザの花がハンドペイントで描かれています。中布にはさわやかな抜け感を演出するギンガムチェックの生地をセレクト。持ち手はダークカラーのサテンロープでシックな雰囲気にまとまりました。シンプルかつ、間口が大きく広がり使いやすく機能的。早速春コーデに取り入れてみませんか?

【送料無料】手描き染め伊勢木綿手ぬぐい / ミモザ・黄

アトリエ ひよこまめさんのこちらの手拭いは、手を拭くのはもちろん、首に巻いてスカーフのように使っても◎カゴの目隠しにしてみたり、使い勝手のいいサイズ感です。手描き染めという筆や刷毛を用いて布に絵を描くように染める技法で、ミモザの咲く様子を表現しています。花に躍動感があり、鮮やかな黄色と緑のコントラストも美しい仕上がりとなっています。

Wire Wall Art Flower (ミモザユーカリ02 ) 選べる袖ボタン

ユニークでモードなミモザインテリアに挑戦したい方には、MONOTONE TOKYOさんの、ミモザとユーカリのウォールアートがおすすめ。ミモザを持つ手の袖には、ゴールド、シルバー、ウッドの3種類からボタンを選べます。ワイヤーで軽やかな仕上がりなので、画鋲や虫ピンで気軽に飾れますよ。

お部屋にミモザを飾って、一足早い春を感じて。

華やかな黄色が春を思わせ、明るい気持ちにさせてくれるミモザ。まだまだ寒い日が続きますが、お部屋にミモザを飾って、一足早く春の気配を呼んでみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方におすすめの記事・特集

(読みもの)ミモザ、バラ、紫陽花も自分でドライフラワーに!花の種類別に作り方をご紹介[後編]

お花の種類別、ドライフラワーの作り方を作家さんに教わりました。ミモザを上手にドライフラワーにする方法もご紹介しています。

(特集)ミモザいっぱい、花雑貨・リース

3月8日はミモザの日。ドライフラワーから刺繍小物、キャンドル、ミモザでいっぱいなリースまで。鮮やかな黄色に春の訪れを感じる、ミモザの雑貨・インテリアをご紹介します。

(読みもの)ビタミンカラーでパッと華やかに。きいろのインテリア10選

私たちをハッピーな気分にしてくれるビタミンカラー「黄色」のインテリア雑貨と家具をご紹介します。

これまでの【クリーマ花便り】

色ごとに違う、紫陽花の花言葉【クリーマ花便り】

色で変わる、紫陽花の花言葉。プレゼントにもぴったりの花言葉を見つけませんか?

ワックスフラワーと一輪挿しで、冬の暮らしに少しの春を。【クリーマ花便り】

冬に出会える春らしい花、ワックスフラワーを、大好きな作家さんの花器に飾りました。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事