BLOG

いつものバニラアイスが大変身。身近な調味料で手軽に試せる“味変”アイデア

こんにちは。クリーマ編集部の根津です。

 

暑い夏も少しずつ落ち着き始めてきましたが、秋!と言うにはまだまだ暑い日が続いていますね。

朝晩は涼しくても、日中に外出するとじんわりと汗をかいてきます。

 

そんな暑い日や小腹がすいたおやつどきに食べたくなるのが、ひんやり冷たくて甘いアイスクリーム。

今やアイスと一言で言っても色んな味がありますが、やっぱり私は王道の「バニラアイス」が大好きです。バニラの香りやほどよい甘みがありつつも、後をひかないさっぱりとした美味しさ。お風呂あがりや食後のデザートでも食べたくなります。

 

でも、そんな大好きなバニラアイスも、頻繁に食べているとマンネリ化してきたり、食べ進めるうちに飽きてきて、完食できず残してしまったり。あとよくあるのが、お得だと思って買った大きめサイズのアイスが、食べきられないまま冷凍庫の奥で眠っていたり。そんなことがあってはもったいないですよね。

 

バニラアイスは好きだけれど、たまにはちょっと味を変えて楽しんでみたい。そんな方もきっと少なくないはずです。

そこで今回は、ご自宅にもきっとある「調味料」にフォーカスして、バニラアイスにさっとプラスするだけで"味変"できるアイデアをご紹介します。

バニラアイス×調味料チャレンジ《初級編》

「バニラアイスに調味料をかけるなんて…信じられない!」という方でも、”バニラアイス×調味料” デビューしやすい調味料を、まずは4種類ご紹介します。

■和のコクを足すなら「醤油」

バニラアイスと醤油が合うというのは、既にご存知の方も多いのではないでしょうか。醤油をアイスの上にかけると見た目はまるで黒蜜のようですが、実際の味は、バニラアイスのまろやかな甘さと醤油のしょっぱさが合わさり、「みたらし団子」や「キャラメル」のような味わいに。コクのあるスイーツになりますよ。

▲ 料亭の調理人が試作を重ねて完成した、柚子と一味がほのかに香る粉末状のお醤油。創業以来守り抜かれた濃厚な醤油が贅沢に使用されています。卵料理、天ぷら、から揚げ、使い道は多種多様。専用の陶器が付属しているので、贈り物にもぴったりです。
▲ 醤油をしぼった後のもろみにオイルを加えた、その名も「食べる醤油」。豊かな香りのエキストラバージンオイルとガーリック、ピリッと辛い山椒と一番しぼりのなたね油、辛うまの鷹の爪と香ばしいごま油にそれぞれ醤油のもろみが合わさった、楽しみ方無限大の醤油です。

■甘じょっぱさが絶妙な「味噌」

個人的におすすめしたいのが、こちらも日本人には親しみ深い調味料、味噌。バニラアイスの上にちょっぴり味噌をトッピングすることで、味噌の甘じょっぱさがアイスの甘さと馴染むとともに、甘さを引き立てて味の奥行きを生んでくれます。

 

ただ、他の調味料と比べて味噌は少量でも充分に味があるので、アイスの上に乗せるよりも、アイスに少量練りこんで食べる方が味噌の塩気の角がとれておすすめです。

▲ 木桶で約1年間じっくりと熟成させた、天然醸造の越後味噌。酒精を添加せず、酵母が生きたまま蔵元から届けられるので、風味豊かな味噌の味を味わうことが出来ます。
▲ だしをとるとどうしても出てしまう出し殻を何かに活かせないものか…と考えた末に誕生した、「かつお味噌」。濃厚なかつお節の旨味と、麦味噌の上品な甘味、そして隠し味の生姜が食欲をそそります。旨味の強いこのかつお味噌は、お子さんにも大人気だそうですよ。

■さっぱりとした味わいになる「塩(ハーブソルト)」

塩は、バニラアイスをさっぱり食べたいという方におすすめ。普通の塩でも美味しいですが、一押しは「ハーブソルト」。塩気によってアイスの甘さが引き立つのに加え、口の中にほのかなハーブの香りも広がります。

▲ 群馬県で無農薬・無肥料栽培されたバジルをベースにしたハーブソルト。茹で野菜やスープ、炒めものの味付けもこれ一つでOK、というほどの万能調味料です。
▲ 桜・柚子・しそ・梅・枝豆を使って作られた「野菜のお塩 」は、乾燥・粉砕した野菜や果実のチップを湖塩でコーティングして作られているんです。素材の弾ける香りと、きれいな色味、クリスピーな食感、そしてオーガニックソルトの深い塩味が見事に融合した、他にはない絶妙な味わいです。
▲ 瀬戸内海産の天然塩に有機ごまを絶妙なバランスで配合したごま塩。有機ごまは「すりごま」にする事で、ゴマ栄養を余すことなく吸収できるようになっています。

 

ちなみに、さらにワンランク上の味を楽しみたい!という方には、塩とオリーブオイルの組み合わせにもチャレンジしてみませんか。

 

パスタやドレッシングなどでよく一緒に使われているように、塩とオリーブオイルの相性の良さは言わずもがなですが、その王道の組み合わせをバニラアイスにかければ、まるでイタリアンのレストランで出てきそうな上品な味に。また、オリーブオイルがアイスにしっとりとなじむので、全体に一体感も生まれます。オリーブオイルだけをトッピングするよりも、塩を足した方が全体の味も引き締まりますよ。

▲ さわやかな青みがかった香りとやわらかな甘み、オリーブ果実のフルーティーな風味が特徴的なこのオリーブオイルは、後味に程よい苦味と辛みがあり、料理のアクセントとしても活躍してくれます。

■たまらない香ばしさ「ごま油」

ごま油といえば、なんといってもあの香ばしい香り。バニラアイスにかけても香りはそのまま、でもその香りに負けることなくアイスの甘さもほんのり感じます。ごま油の風味・コクが絶妙な味わいです。

 

さらに、ごま油をかけた上にさらにつぶゴマをトッピングすると、ゴマのプチプチした食感と、噛んだ時に広がる香ばしさがアクセントになってくれます。

▲ 市販のゴマ油だと、味が強すぎてお料理全体がゴマ油の味になってしまう…そんなお悩みを解決してくれるのがこのごま油。ふんわり優しく、素材を包み込むようなゴマの香りが漂う、まるですりゴマのような油なんです。

バニラアイス×調味料チャレンジ《上級編》

「ちょっとチャレンジングな“味変”を楽しみたい!」という冒険家の方や、大人なバニラアイスを楽しみたいという方におすすめのアレンジ方法もご紹介します。

■ちょっぴり刺激が欲しい方には「柚子胡椒」

味のインパクトが強い調味料なだけあって、バニラアイスに柚子胡椒をトッピングするとこれまた一気に“味変”します。爽やか、かつぴりっとした辛味が特徴的な柚子胡椒が、さっぱり&刺激的なバニラアイスに変身させてくれます。上に乗せて食べるのも美味しいですが、アイス自体に練り込むと柚子胡椒の風味がマイルドになり、食べやすくなりますよ。

▲ 標高400mと太陽に近い場所で育てられている「天空の柚子」の薄皮を1個1個手で剥き、青唐辛子と合わせた柚子胡椒。1kgの青柚子からわずか130gの皮しか取れないので、とても貴重な柚子胡椒なんです。

■大人な“クセ”を楽しめる「塩麴」

発酵食品ならではの独特な風味と旨味が魅力の塩麹ですが、バニラアイスに加えると一気に大人なアイスができあがり。つぶつぶした食感を楽しめるのも魅力です。味噌と同じように少量でも十分に塩気があるので、加える際は少しずつ試してみると良さそうです。

▲ 創業1921年の糀屋さんがこだわりの糀で作った塩糀は、漬けたり絡めたりするだけで素材の旨味をぐんと引き出してくれます。もちろん、アイスに乗せるなどしてそのまま食べても糀の旨味を楽しめますよ。

意外な組み合わせが楽しめる調味料は他にも

今回は「バニラアイス×調味料」という組み合わせで様々なアイデアをご紹介してきましたが、「〇〇×調味料」という形で意外な食材・料理との組み合わせが楽しめる調味料が、Creemaにはもっとあるんです。アイスはもちろん、アイス以外の食材とも楽しめる調味料を、番外編としていくつかご紹介します。

▲ ササチョウさんのヨーグルトにかけるお醤油は、甘くてフルーティーな風味が特徴で、フルーツソースの感覚でプレーンヨーグルトにかけると味が引き立ち、美味しくいただくことができます。ヨーグルト以外にも、食パンやホットケーキ、プリン、そしてバニラアイスにかけても美味しいんですよ。
▲ 生姜のスライスをてんさい糖で煮出し、まるごとすりおろしたレモン・シナモン・月桂樹をアクセントとして加えたジンジャーダイヤモンドさんの「スィートジンジャー」は、食パンに数枚乗せて、焼いて食べると絶品です。乳製品ともよく合うので、バニラアイスとも相性抜群ですよ。
▲ 八つの薬味を絶妙なバランスで調合したまるム商店さんの八味トウガラシは、バニラアイスやチーズケーキなどのスイーツにかけたり、クッキーやケーキ等の生地に混ぜると、甘辛く風味豊かな不思議な美味しさに変身します。

バニラアイス×調味料の可能性はまだまだ

今回この記事を書くにあたり、実際に自宅にある色んな調味料をバニラアイスにトッピングして試食をしたのですが、バニラアイスが意外にも色んな調味料と相性が良いということに私自身も驚きました。

 

普段バニラアイスをそのまま食べている方も、「ちょうどこの調味料、家にあるから試してみよう」と思っていただけたら嬉しいです。もしかすると、今回ご紹介した調味料よりもバニラアイスに合う調味料があるかも!?ぜひ自分好みの組み合わせを探してみてください。

この記事を読んだ方におすすめの記事

(読みもの)最後までおいしく食べたい!余りがちなジャムを楽しみつくす5つのアイディア

トーストに塗ったり、ヨーグルトに加える以外のジャムの使い方が思いつかない、普段はお米を食べるから、気づいたら冷蔵庫の奥にしまいっぱなし…と、余ったジャムの使い道に困ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかくのおいしいジャムを最後まで味わいつくす、簡単にできる食べ方をご紹介します。

(読みもの)クリーマで醤油、育てます!わくわく仕込み編【編集部のやってみようシリーズ】

「育ててみたい」「やってみたい」という思いで実践する【編集部のやってみようシリーズ】。今回は醤油を“育てて”みます。

(特集)新しい味の発見 こだわり調味料の世界100選

毎日の料理や食卓に欠かせない調味料。いつもの味を新鮮にしてくれる珍しいものから、毎日使いたくなる定番にしたいものまで、お気に入りを見つけてくださいね。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
この記事のタグ
同じカテゴリーの記事
人気の記事