BLOG

自分のために、花を買おう。「世界らん展2020 ―花と緑の祭典―」の楽しみ方

2020.01.31
PR
自分のために、花を買おう。「世界らん展2020 ―花と緑の祭典―」の楽しみ方

暖かい春を待ち遠しく感じる、この季節。

あるときはお部屋を明るくしてくれるインテリアとして、あるときは感謝を伝える贈り物として、私たちの心と暮らしを優しく温めてくれる、お花が恋しい季節でもあります。

ひと足早く、お花と緑の魅力をたっぷりと堪能できるイベントがあることをご存知でしょうか?

 

それは、今年30周年を迎える「世界らん展2020 ―花と緑の祭典―」。2月14日(金)~21日(金)の1週間、東京ドームにて開催されます!

このイベントは、蘭にかぎらず色とりどりの花を扱うボタニカルマーケットや、可愛くてちょっと不思議な外観が大人気の多肉植物の展示、様々なフォトスポット、Creemaの人気クリエイターが講師を務めるワークショップ、そしてお仕事帰りにもライトアップを楽しめる幻想的なカフェ&バー空間等々、実は見どころ満載なんです。

 

今回は、2週間後に迫ったこのイベントの魅力と見どころを、お花や蘭の知られざる豆知識とともにご紹介します!

テーマは「満開」。会場は、フォトジェニックな花と緑の世界!

会場に入るとまず目を惹くのが、会場中央で咲き誇る100万輪のピンク色の蘭「オンシジューム」を桜の木に見立てた、高さ10メートルにも及ぶシンボルモニュメントの「桜蘭」! 真冬の東京にいながら、ひと足先に満開のお花見を楽しむことができます。

その正面には、世界中から集められた蘭の中から「日本大賞」に選ばれた蘭が展示されます。

まるでシンデレラストーリー?! 知られざる蘭の世界

高級花として知られる蘭。「世界らん展」では世界最大級の蘭のコンテストが開催され、そこで「日本大賞」に選ばれると賞金200万円と、副賞としてメルセデス・ベンツが授与されます。蘭のコンテストは、世界の様々な国で行われますが、この「日本大賞」は蘭のコンテストの中でも世界一(!)の株が決まるものとして捉えられています。

審査当日に咲いていることは言うまでもなく、自然に・美しく開花していることも審査基準の一つ。知れば知るほど、大変奥深いのが蘭のコンテストなのです。

 

ついさっきまでは「綺麗なお花」だった1株が、厳密な審査を経て、一瞬にして日本一、世界一の蘭として丁重に展示されるドラマチックな展開は、蘭に詳しくない人でも盛り上がること間違いなし! 令和初の大賞には、いったいどんな蘭が選ばれるのでしょうか……。

▲前回の日本大賞に選ばれた「パフィオペディラム エメラルド ゲート グリーン グローブ」

ガーデンデザイナー竹谷仁志氏が手掛けるフラワーガーデン

シンボルモニュメントの先に広がるのは、シクラメンやベコニアなど、色彩豊かな花々が咲き誇るフォトジェニックなガーデン。冬の都心でこんなお花畑が楽しめるなんて、夢のよう……! 目の前に広がるお花畑の美しさや香りに、存分に癒されそうな空間です。

注目企画!見て、知って、体験する「多肉植物」の世界

ぷっくりとした可愛らしい質感と、ちょっと不思議なフォルムが近年大人気の多肉植物。種類によって姿が様々で、植物のような、動物のような、なんとも言えない存在感を放つ彼ら(?)。我が家でも多肉アレンジメントたちが日々、私の帰りを待っています。

そんな多肉植物人気を受け、30周年を迎える本イベントの初めての企画として、多肉植物の世界が特集されることになりました! その名も「TANIKU FANTASTIC!

人気多肉作家さんによる作品の展示や、来場者も参加できる多肉アレンジメントのコンテスト、そして多肉植物たちとの写真を楽しめるフォトスペースも出現し、多肉植物の魅力をまるごと体験できる展示となっています。

▲フォトブースのイメージ

知ってる?じわじわ増え続ける「多肉女子」に「多肉族」

ここ数年テレビや雑誌で取り上げられることも多く、注目の集まる多肉植物。その人気は、多肉植物愛好家を表す「多肉女子」「多肉族」という言葉が生まれるほど。その人気の理由には諸説ありますが、特徴的な見た目の可愛らしさはもちろん、種類が多く(原種だけで1万種以上!)収集欲をくすぐる点、運びやすくプレゼントやインテリアにも向いている点、一般的に水やりの回数が少なく植物初心者でもお世話しやすい点などが挙げられています。

 

いまや、園芸・ガーデニング好き以外にも広がる多肉の輪。その不思議な世界を、垣間見てみませんか?

Creemaの人気クリエイターも登場!緑あふれるワークショップ

また会場内には、Creemaと園芸専門店「the Farm UNIVERSAL」のタイアップによるワークショップエリアも登場! 日替わりで開催される講座には、Creemaの人気クリエイターも講師として登場します。苔テラリウムや多肉植物のアレンジメント、プリザーブドフラワーのコサージュなど、魅力的な講座ばかり。

 

ごくごく一部ではございますが、私が気になるワークショップをご紹介させていただきます!

プリザーブドフラワーのコサージュ by FT2 worksさん

開催時間:2/15(土) ①10:40 ②11:30 ③12:20

FT2 worksさんによる、プリザーブドフラワーを使ったコサージュ作りの講座。プリザーブド加工されたユーカリやアジサイなどから好きなお花を選んで、アンティークな色合いのブーケコサージュが作れます。

これからの新年度・新学期シーズン、フォーマルな場面でも大活躍しそうです!

ガラスコルクボトルを使ったオリジナルフラワーアレンジ作り by QUEUE DE RANUNさん

開催日時:2/15(土) ①13:40 ②14:30 ③15:10

QUEUE DE RANUNさんによる、ガラスに入ったインテリアフラワーが作れる講座。ドライフラワーやプリザーブドフラワーを自由に組み合わせてアレンジすることが出来ます。

ガラスに入っているから、お部屋にも長く飾りやすいのも嬉しいポイントです。

小さな樹木フィギュア作り by LIPDECOさん

開催日時:2/20(木) ①12:10 ②13:00 ③13:50

LIPDECOさんの講座では、なんとも可愛らしい約5cmほどの樹木フィギュアが作れます。小さいけれど、お気に入りの枝や鉢を自分で選んで苔を付けていくという本格的な工程です。

お部屋や会社のデスクに飾るのはもちろん、プレゼントとしても目を惹きそうです。

サスティナブルな装飾にも癒される空間

▲ワークショップエリアのイメージ

the Farm UNIVERSALが装飾を手掛ける空間デザインにもご注目。竹のパーゴラを用い、まるで空間そのものが作品のようです。使用されている竹チップは放置竹林から間引いた竹を使用しており、「サスティナブル」を意識した空間となっています。

自然と心が落ち着きそうな空間で望むワークショップ。完成した作品だけでなく、ここで過ごした時間そのものが大きなお土産になりそうです。

個性豊かなお花と出会える!ボタニカルマーケット

海外や全国各地から集まったお花や、お部屋を彩るフラワーインテリアに出会える販売ブースももちろん見逃せません! 19店舗の海外蘭マーケットが軒を連ねる「インターナショナルマルシェ」では、より多様な蘭の姿を見ることも出来ます。

日々の生活の中では、なかなかお花に触れる機会が無いという方こそ、ボタニカルな空間の中で心惹かれるお花に出会えるはず。あまり気負わずに、毎日をちょっと楽しくするために、自分のために贈りたいお気に入りのお花を探してみてはいかがでしょうか?

 

Creemaの人気クリエイターによるクリエイティビティ溢れる作品もずらりと並びます。こちらもごく一部ではありますが、参加される作家さんをご紹介いたします。

リース作家・nancysさん

出展期間:2/14(金)-2/17(月)

癒しの空間をつくる、優しい色合いのナチュラルなリースを制作されるnancysさん。プリザーブドフラワー、ドライフラワーなど本物の花材だけを使用し、ナチュラルで飾りやすいリースやスワッグ、花雑貨を販売されます。お部屋にひとつ、いかがでしょうか。

Greenデザイナー・OneGreenConceptさん

出展期間:2/18(火)-2/21(金)

「日々の生活の中に1つグリーン(One Green)をプラスすることで豊かに、元気になってほしい」という思いをコンセプトとするOneGreenConceptさん。小さくてかわいいものから大人のアート作品まで、幅広いラインアップのグリーンインテリアを販売します。

装飾作家 ・apricotさん

出展期間:2/19(水)

花や植物など、自然の色をもとに染料を調合し染め、丁寧にガラスを手刺繍したピアス・イヤリングや、シックなお色の布花・美しい天然石を用いた装飾品を作るapricotさん。その色彩の美しさを、ぜひ直接ご覧になってみてください!

お仕事帰りにも!カクテルを片手に、幻想的な夜を楽しもう

「世界らん展」の楽しみ方は、まだまだあります! 2月14日(金)・15日(土)・18日(火)~20日(木)の18:00~21:00の時間帯は、ライトアップされた会場の植物を、お花からインスピレーションを受けたオリジナルのカクテルやドリンクとともに楽しめる「スペシャルナイト」が実施されます。

 

照明が落とされ、レーザーによる光の演出や音の演出が響き渡り、会場は一気に幻想的に。空中には天空のオーロラが浮かび、無数の光に照らされたシンボルモニュメント「桜蘭」は、より一層存在感を増していきます。花と光と音が織りなすインスタレーション空間にうっとり癒されること間違いなし。

リラックスしたいお仕事帰りや、めいいっぱい楽しみたい休日の夜、足を運んでみるのはいかがでしょうか。

▲どのメニューも色とりどりで可愛い!友達と一緒に、いろんな味を試してみるのも◎

まずは一輪、自分のために。お花のある暮らしをはじめませんか?

お花や緑の楽しみ方は、育て、眺めるだけではありません。種類や歴史について知ったり、インテリアとしてお部屋に迎えたり、花材を使ったハンドメイドを楽しんだり、そして何より「お花のある空間」での時間に癒されたり……。

 

「お花は、人に贈るもの。」

ついそんな風に思いがちですが、道で摘んだお花をお家に飾ったことがある……という方も、意外と多いのではないでしょうか。

お部屋に飾ったお気に入りのお花は、日々成長したり、天気によって向きが変わったり、様々な表情を見せてくれます。その変化に気づいて楽しむ時間は、毎日の生活に、文字通り彩りとときめきをもたらしてくれるでしょう。

 

まずは一輪、自分のために。

「世界らん展」は、素敵なお花・緑との出会いはもちろん、それらの新しい「可能性」を感じて楽しむことも出来るイベントとなっております。

ひと足早く春を感じる会場で、蘭や色とりどりのお花たちと一緒に、お待ちしております。

名  称 : 世界らん展2020 ―花と緑の祭典―

開催日程 : 2020年2月14日(金)~2月21日(金) 

      14日 12:00-21:00

      15日、18日~20日 10:00~21:00

      16日、17日、21日 10:00~17:30

開催場所 : 東京ドーム

U R L : https://www.tokyo-dome.co.jp/orchid/

主   催: 世界らん展実行委員会 (読売新聞社、NHK、世界らん展組織委員会、東京ドーム)

※本記事は、世界らん展実行委員会様より委託を受け、株式会社クリーマが制作させていただいております。

この記事を読んだ方におすすめ!

(特集)飾る・育てる 花器とプランター

飾るだけで家の中がぐっとお洒落に。気軽に飾れる一輪挿しから、クリエイターの個性が光るプランターまで、一目惚れ間違いなしの花器を厳選しました!プレゼントにもおすすめです。

(特集)お花を身に付ける ナチュラルアクセサリー

ドライフラワーやプリザーブドフラワーなど、本物のお花を身に付けられるアクセサリー・ジュエリーをご紹介します。ぜひ、お気に入りのお花を見つけてください。

(読みもの)フローリストに教わる一輪挿しアレンジ。花一輪からできるガラスの花器の楽しみ方

クリーマいちお花を愛するフローリストに、簡単にできる一輪挿しアレンジを教えてもらいました!まずはお花一輪から、気軽に楽しんでみたいという方、必見です!
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事