マスク作品の管理体制強化と、マスク不足サポート継続のお知らせ2020-03-12

2020年3月10日(火)に閣議決定されました「国民生活安定緊急措置法施行令 ※1」の改正を受け、クリーマではマスク出品に関する管理体制を強化することに致しました。

なお、今回の対応はご自身で制作されたハンドメイドマスク完成品の販売自体を禁止するものではございません。(本政令が「ハンドメイドマスクの販売が禁止されるものではない」旨を、経済産業省に直接確認しております。※2)

国内におけるマスク不足は非常に深刻な問題であり、マスクを本当に必要としている方々が入手できない状況が続いています。クリーマは今後、マスク出品に関する管理体制を一層強化 ※3しながら、引き続き一人でも多くのマスクを必要とする方々にお届けできるよう、クリエイターの皆さまと共に取り組んでまいります。

上述の詳細と一連のマスク不足サポートに纏わるクリーマの考え方につきましては、以下のブログよりご確認ください。
https://www.creema.jp/blog/1021/detail

一方で、取り巻く状況は刻一刻と変化しておりますので、対応方針に変更がある場合は速やかにお知らせいたします。

今後ともクリーマをよろしくお願いいたします。


<参考 ※1〜3>

※1 国民生活安定緊急措置法施行令:
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200310002/20200310002.html

※2 国民生活安定緊急措置法に基づくマスクの転売規制について:
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200310002/20200310002-1.pdf

※3 管理体制の強化ポイント:
・Creema上に出品されるマスク作品につきましては、全てクリーマ運営事務局にて目視による確認を徹底致します。
その上で、転売が疑われる商品や社会通念を逸脱する価格帯の作品につきましては、発見次第、即座に然るべき対処を取らせていただきます。

・社会的に品薄となっている薬局等で販売している医療用の滅菌ガーゼを利用したマスク作品につきましては、本日(3月12日)より出品を禁止いたします。(通常の布マスク、布マスク用素材は今まで通りご出品いただけます。)

ページトップへ