BLOG

儚い春の花。勿忘草(わすれなぐさ)の花言葉とおすすめアクセサリー

儚い春の花。勿忘草(わすれなぐさ)の花言葉とおすすめアクセサリー

小さな淡色の花をたくさんつける姿が可憐な、勿忘草(わすれなぐさ)。ブルーやピンクの小さな花々が群生する様子は非常に美しく、高原を彩る春のお花としても親しまれています。その名前の雰囲気からも、どこか儚げな印象のあるお花です。

季節の花を、その花言葉と共に紹介する連載。今回は、勿忘草の花言葉とおすすめ作品をご紹介します。

勿忘草の花言葉と由来

勿忘草は色ごとに異なる花言葉を持ちますが、全体の花言葉は

「私を忘れないで」「誠の愛」「真実の友情」。これらの花言葉は、中世ドイツに伝わるとある物語が由来になっています。

 

ある日、ドナウ川のほとりを若い騎士と恋人が歩いていました。散歩中、恋人は岸辺に咲いた美しい花を見つけます。

騎士は恋人のために、その花を摘もうとドナウ川の岸辺に降りましたが、足を滑らせて川の流れに飲まれてしまいます。騎士は、摘んだその美しい花を岸辺に投げ、「私を忘れないで」という言葉を残して川へと消えていってしまいます。

残された恋人は、亡き騎士を思いながら、生涯この美しい花を身につけ、いつしかそれは騎士の残した言葉から"忘れな草"と呼ばれるようになりました。

 

なんとも切ない物語ですが、勿忘草の持つ儚い雰囲気と調和するエピソードです。

続けて、色ごとの花言葉をご紹介します。

青い勿忘草の花言葉

青い勿忘草の花言葉

「真実の愛」

白い勿忘草の花言葉

白い勿忘草の花言葉

「私を忘れないで」

ピンク色の勿忘草の花言葉

ピンク色の勿忘草の花言葉

「真実の友情」

勿忘草の見頃はいつ?

勿忘草の開花期は3月下旬〜6月上旬で、ちょうど今が見ごろのお花。比較的長い期間咲いているので、春の間ゆっくりと楽しむことができます。日当たりと風通しの良い場所を好むため、散歩をしていると、陽の当たる道端に咲いている姿も見られます。

 

ちなみに、勿忘草は英語で「Myosotis(ミオソティス)」といいますが、これはギリシャ語でハツカネズミを意味するmyosと、耳を意味するotisを合わせた言葉。細長く柔らかな葉がネズミの耳に似ていることに由来であると言われています。お花の色や形も個性的ですが、見かけた際はぜひその葉の形にも注目してみてくださいね。

勿忘草のおすすめアクセサリー

可憐な姿が魅力の勿忘草は、アクセサリーとして装いに沿えるのにもぴったり。いつもの装いに春らしさを添えたいときに、季節のお花のアクセサリーは気軽に身に着けられるのでおすすめですよ。

Creemaでみつかる、勿忘草モチーフの作品をご紹介します!

【受注制作】ブローチ 忘れな草をあなたに(アクアブルー) 手編み レース編み

oliveさんの、摘みたての勿忘草のようなナチュラルなブローチ。小花の中心のイエローはレース糸のもつ色をそのままに使用し、白い糸で編んだあとグラデーションに染めています。

リネンやコットン素材など柔らかい質感のお洋服に合わせたくなりますね。

勿忘草 艶消し オープンリング シルバーカラー フリーサイズ ギフト 誕生日プレゼント

ジュエリーデザイナーmichicusa ミチクサさんのリング。勿忘草の上品な色味をそのままにドライフラワーに加工し、透明度の高いこだわりのレジンでつつみました。光が当たると繊細に輝き、勿忘草の美しさが引き立ちます。側面には艶消し加工を施しており、よりシックで大人っぽい仕上がりとなっております。

勿忘草のフラワーピアスB

童話の世界から抜け出した森の動物たちや美しい花々をモチーフに、物語を感じさせるアクセサリーを手掛けるオトギノウタさん。花弁の一枚一枚を丁寧に繊細に作り上げたピアスです。シンプルなシルバー素材のためどんなシーンにも合わせやすく、年齢問わず身に着けられそうですね。

【忘れな草】ブローチ

季節ごとのお花を糸から編上げたアクセサリーを制作するNovelizeさん。きゅっと敷き詰められた勿忘草の花たちは、ブルーからパープルまで繊細なグラデーション。中世ヨーロッパで流行したタティングレースの技術で作られており、いつものお洋服に沿えれば装いがぐっと上品になりそうです。

勿忘草の小さい手刺繍花ピアス/イヤリング スカイブルー 小さい

勿忘草の小ぶりで可愛らしい存在感を再現したような、Omatsuさんのミニマルなピアス。もともと耳が小さめだという作家さん個人の体験をきっかけに、"さりげないきらめき"をテーマに、軽くて小さめ耳たぶさんにも優しい糸のアクセサリーを制作されています。

1cmと小さいサイズなので、オフィスなどでもさりげなく身に着けられます。

【特集掲載】受注制作「私を忘れないで」勿忘草 刺繍 リボンバレッタ

shinekirariさんのリボンバレッタ。わずかに色の異なる2色の青色を使い分けることで、繊細なブルーを表現しています。小さなビーズやラメ糸は、春の朝露をイメージされたとのこと。ヘアアレンジしなくても、まとめ髪に添えるだけで華やかな印象になりますよ。

勿忘草の指輪 タンザナイト sv925

彫金・天然石作家のchikyu.yaさんが手掛けるシルバーリング。タンザナイトの石で勿忘草のブルーを表現しています。ちいさな花が二つに、よく見るとつぼみが一つ。シンプルながらこだわりのデザインが美しい、大人可愛いリングです。

滲む花「勿忘草」アメリカンピアス

m.petiteさんの、パステルカラーの色味が美しいピアス。本物の勿忘草も、青に交じってピンク色の花が咲くこともあるそうで、あえてバイカラーで仕上げた幻想的な雰囲気の作品です。プラスチックの板に滲むカラーリングを施し
カット、熱を加え制作しており、ひとつとして同じ咲き方、色はありません。自分だけの花をぜひ愛でてください。

可憐な魅力の勿忘草で、春の装いに季節感を。

勿忘草の淡く爽やかな色味は、ワンピースやブラウスといった春の装いにもぴったり。アクセサリーや小物として勿忘草モチーフを取り入れれば、コーディネートや気分が一気に春めきます。

 

少し前まではマフラーやコートなしではいられないような寒いが続いていましたが、あっというまに春の陽気。季節の変わり目こそ、季節感のあるモチーフを取り入れて今年らしいおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Creemaでは今後も季節に合ったお花を花言葉と共にご紹介していきます。次回もお楽しみに。

この記事を読んだ方におすすめ!

(特集)花モチーフも春色も 一つで春めくファッション小物

春が待ち遠しくなる時期。少しずつコーディネートも春仕様にしませんか。お花モチーフや春色のアクセサリー、春のお出掛けにぴったりなかごバッグやストールなどのファッション小物を集めました。

(特集)春から活躍!かごバッグ・ポーチ

今年の春の注目アイテム・かごバッグと、合わせて使いたい個性豊かなポーチをご紹介します。シンプルなかごバッグから、レザーと組み合わせたものやくたっとした抜け感が魅力的な麻紐のかごバッグまで。今年の春のお出かけのお供はどれにしようか、迷ってしまいますね。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事