BLOG

"気になる"に寄り道。「紫陽花の万華鏡」|万華鏡作家・GlassNique(グラスニーク)さん

"気になる"に寄り道。「紫陽花の万華鏡」|万華鏡作家・GlassNique(グラスニーク)さん

このエッセイでは、いま編集部が“気になる”作品にフォーカスを当て、編集部目線でその魅力をお伝えする「“気になる”に寄り道。」シリーズをお送りしていきます。このエッセイをきっかけに、みなさんにもちょっとした“寄り道”を楽しんでいただけると嬉しいです。

 

今回は、万華鏡作家・GlassNique(グラスニーク)さんの紫陽花の万華鏡をご紹介します。

一緒に、幻想的な万華鏡の世界に寄り道しましょう。

GlassNique(グラスニーク)さんの、万華鏡 「雨上がりの紫陽花 」

小さな覗き穴の先に、キラキラと幻想的な世界が広がる万華鏡。幼いころ、夢中になって覗いた記憶がある方も多いはず。「万華鏡」と聞くと、レトロな筒状の万華鏡をイメージしていた私ですが、GlassNiqueさんが手掛ける万華鏡は、そんなイメージとは一線を画す佇まい。一見するとお花のオブジェのような見た目に、「これが万華鏡?」と思わずにはいられません。

 

しっくりと手になじむ丸いガラスの中には色とりどりの紫陽花が敷き詰められ、覗いていない時間もインテリアとして飾っておきたくなる美しさです。梅雨入りを前に、今まさに紫陽花が咲き始めたという地域も多いかと思いますが、GlassNiqueさんの万華鏡なら、梅雨が去った後も紫陽花のしっとりとした美しさをずっとそばで楽しめるのも嬉しいですね。

ガラスの下に付いている小さな穴から中を覗くと……

露を乗せた雨上がりの紫陽花が光を受けて輝いているような、爽やかな世界が広がります。深呼吸すると、雨上がりに地面から匂い立つ、あの独特な香りまで感じられそう。覗きながらくるくると回すと、青や紫、薄ピンクの紫陽花たちがずらりと咲き誇る中を駆け抜けているような不思議な気持ちに。回すたびキラキラと無限に変化していく様子はまるで小さな宇宙のようで、ついつい無心で眺め入ってしまいます。

万華鏡の中の移り変わる世界を眺めていると不思議と心が落ち着くように感じますが、なんと実際に、万華鏡の映像を2分間見るとストレスが21%軽減するという研究結果もあるのだとか。

 

万華鏡が映し出す世界に入り込みやすいよう、写像の美しさはもちろん、手になじむような形や軽さに至るまで、

あらゆるところにこだわりが詰まっているGlassNiqueさんの万華鏡。手に取った方に癒されてほしいという、優しく温かい作り手の想いが伝わってきます。

 

寝る前のひと時や、仕事や勉強の合間。少し疲れを感じたら万華鏡を覗いて、心に響く不思議な世界に入り込んでみるのはいかがでしょうか。美しくサプライズ要素もあるGlassNiqueさんの万華鏡は、大切な方へのプレゼントにもおすすめです。

GlassNiqueさんのギャラリーページには、紫陽花の万華鏡のほか、千日紅やヘリクリサムなど、思わず何個も集めたくなってしまうほどさまざまな万華鏡が揃っています。一つひとつ見える景色も異なるので、じっくりお気に入りを探してみてほしいです。

 

……おっと、そろそろ寄り道の時間もおしまいのようです。

どうぞ次回もお楽しみに。

この記事を読んだ方におすすめの記事・特集はこちら

(読みもの)"気になる"に寄り道。|和菓子屋さんの道具から生まれた"小鳥"たち

思わずほっこりする陶土を使ったちいさな「陶土の鳥」を手掛ける陶ノ鳥ひよこやさんの魅力に迫ります。見る人の心を魅了する、優しさと温もり溢れる小鳥たちの世界に、ちょっと寄り道してみましょう。

(特集)しっとりと咲き誇る 紫陽花

梅雨の季節にしっとりと花を咲かせる紫陽花。道ばたに咲く姿を眺めるだけでなく、アクセサリーや食器、インテリアとして、その鮮やかさと上品な佇まいを楽しんでみませんか?

(読みもの)梅雨も夏も活躍。晴雨兼用傘のお手入れ方法とおすすめ10選

雨も紫外線も気になる夏。そんなときに便利な晴雨兼用傘の洗い方やお手入れ方法をご紹介します。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事