BLOG

色ごとに変わる、朝顔の花言葉とおすすめ作品10選

色ごとに変わる、朝顔の花言葉とおすすめ作品10選

早朝から凛と咲く姿が美しい、朝顔。鮮やかな姿で私たちに元気を与えてくれる夏の花は、一方で短い時間でしぼんでしまう儚さも併せ持っています。
季節の花を、その花言葉と共に紹介する連載。今月は朝顔の花言葉をご紹介します。

【目次】

1.朝顔の花言葉
 ー青い朝顔の花言葉
 ー白い朝顔の花言葉
 ー紫の朝顔の花言葉
 ー赤い朝顔の花言葉
 ーピンクの朝顔の花言葉
2.朝顔の名前の由来は?
3.朝顔と七夕の関係
4.アクセサリーからインテリアまで。朝顔モチーフのおすすめ作品10選 

朝顔の花言葉

朝顔の花言葉は「愛情」「結束」「明日もさわやかに」「あなたに絡みつく」などが挙げられます。ツルが固く巻きつく様子や、早朝に花が咲くことから連想されたと言われています。これ以外に、朝顔には色ごとに違う花言葉があります。

青い朝顔の花言葉

「短い愛」「儚い恋」

白い朝顔の花言葉

「あふれる喜び」「固い絆」

紫の朝顔の花言葉

「冷静」「平常」

赤い朝顔の花言葉

「はかない情熱的な愛」

ピンクの朝顔の花言葉

「安らぎに満ち足りた気分」

「朝顔」の名前の由来は?

朝顔の名前の由来は「朝の容花(かおばな)」という言葉から来ていると言われています。「容花」とは美しい花を意味する言葉です。もともとは「朝顔」は、朝に花が咲く植物を総称した名前で、その中には桔梗や昼顔なども含まれていたんだそう。現代の朝顔が他の花と明確に区別されるのは、江戸時代ごろからと言われています。

 

朝顔が伝わったのは奈良時代末期、または平安時代初期に、遣唐使が中国から種を持ち帰った時だとされています。当時は花を楽しむのではなく、種子を薬として利用していました。その種は、当時貴重な財産であった牛と交換するほど高価だったことから「牽牛子(けんごし)」と呼ばれており、そのまま日本でも朝顔の種を牽牛子、朝顔を牽牛花(けんぎゅうか)と呼んでいました。

朝顔と七夕の関係

朝顔の花を観賞用として楽しむようになったのは、江戸時代から。2度の朝顔ブームが巻き起こります。それまでは青い花だけだった朝顔ですが、突然変異で変わった花が咲いた株を大切に育て、種を取り、また栽培することを繰り返して、様々な色形の花を産み出しました。新しい物好き、変わった物好きの江戸っ子たちは、きっと喜んで変わった朝顔の鉢を買い求めたのでしょう。

 

江戸で朝顔が好まれた理由が、もう一つ。朝顔は「牽牛花」と呼ばれていましたが、牽牛は七夕伝説の彦星を指す言葉でもあります。朝顔が夏に咲くことから七夕と関連づけ、また美しく咲く姿を織姫と重ねたのでしょうか、朝顔の開いた花のことを「朝顔姫」と呼んだそうです。そして、朝顔の花が美しく咲くと、それは彦星と織姫の年に一度の逢瀬が叶った印だとして、大変縁起がいいものとされました。もしかすると、江戸の女性たちは恋のお守りに朝顔を育てたのかも……なんて想像も膨らみます。朝顔の花言葉に恋に関するものが多いのも、七夕伝説に関係しているのかもしれませんね。

アクセサリーからインテリアまで。朝顔モチーフのおすすめ作品10選

朝に咲き、その日のうちにしぼんでしまう朝顔。切り花を飾ることはできませんが、作品ならずっと身近に置いて楽しめます。ペンダントやピアス、ブローチなどアクセサリーから、涼やかなグラス、長く楽しめるフラワーアレンジメントまで、朝顔モチーフの作品をご紹介します。

あさがおのブローチ(瑠璃色)

オリジナルのイラストを樹脂でコーティングして作る、hiish - イッシュ -さんの朝顔のブローチ。夜空を知らない朝顔が夢見る、星々の煌めきをイメージして描いたそう。小さな宇宙が詰まったような朝顔は、ファッションのポイントになってくれます。

朝顔花火

サンドブラストで咲き乱れる朝顔を描いた、ART空(アートクー)さんのグラス。大輪の朝顔とガラスの素材感が相まってとても涼やかです。作品の中だからこそ楽しめる、打ち上げ花火との共演も。夏を満喫できるグラスです。

アサガオ柄レディース手描きTシャツ

手描きTシャツと雑貨のお店 nikoさんのこちらのTシャツは、大きく描かれた朝顔の花がとっても鮮やか。花や葉のグラデーションや優しい色合いは、手描きならではの魅力です。白地に青い朝顔を描いた色違いもありますよ。

朝顔のサークルペンダント

一つ一つ丁寧に作られた繊細な朝顔をぎゅっとまとめた、かのさんのペンダント。青、ピンク、紫と色とりどりの朝顔が、胸元で咲き誇ります。艶やかなクリアカラーは夏にぴったりです。

Creema限定【夏 富士山・朝顔】プレート、日本酒グラス(ぐい呑み)|

September25ArtStudioさんのきれいに開いた朝顔の花を描いたプレートに、夏の富士山をモチーフにしたグラスのセットです。蒸し暑い真夏の夜も、こんなグラスとプレートをお供に涼やかな晩酌タイムを過ごせそう。

藍染浴衣 濃紺 さっぱりとした朝顔が粋で精錬な印象

デッドストックの反物を用いて、現代の女性の身長に合わせて仕立てられた、juca@浴衣さんの朝顔の浴衣。木綿100%の軽い肌触りは夏にぴったりで、浴衣としても夏着物としても着られます。藍染に白い朝顔のシンプルな色合いが素敵な、アンティーク感漂う大人の浴衣です。

四季花 金彩 コンパクトミラー 夏花〜 朝顔 〜 拡大鏡 付き 和柄

暑い夏の朝に凛と咲く朝顔を表現した、レトロ雑貨・和雑貨の将之介商店さんのコンパクトミラー。よく晴れた夏の朝を思わせる水色に、色とりどりの朝顔がパッと目を引きます。拡大鏡と普通のミラーがついているので、実用性もばっちりです。

8月のブローチ(こよみシリーズ)

季節の花を数字にあしらった、Dropさんの暦シリーズ。こちらは朝顔が咲く8月のブローチです。フランス刺繍の技術でびっしりと敷き詰められたビーズが上品に輝き、どんなファッションにも合わせやすそうです。

Flower Pierce / Earring - August : Morning Glory

3Dプリンターで作る323工房さんのピアス(イヤリングにも変更可)。花びらのフチの薄さや、くるくると巻く朝顔のツタなど、CGならではの緻密な作り込みに注目です。インパクトある大ぶりなピアスですが、マットな白で上品に身につけられます。

夏の風物詩 朝顔(アサガオ)のリース

ブルーの朝顔にたっぷりのグリーンをあわせた、アトリエ美鈴さんの清涼感あふれるリース。リビングなど洋室にも飾りやすく、夏の空気を楽しめます。すぐにしぼんでしまう朝顔も、アーティフィシャルフラワーならずっと楽しむことができますよ。

好きな色の朝顔と、凛とした夏を過ごして。

朝顔がこれほど園芸品種として広く愛されているのは日本独特の文化だと言われています。今年はもう種まきの時期は過ぎてしまいましたが、もし鉢植えを見かけたら、久しぶりにおうちで育ててみるのもいいかもしれません。早朝から元気に咲く姿に、ピンと背筋が伸びる気持ちになれそうです。

この記事を読んだ方におすすめの記事・特集

(読みもの)夏の花「ひまわり」花言葉と、作品15選

朝顔と並んで夏を代表する花、ひまわり。その花言葉や歴史、ひまわりをモチーフにした作品をご紹介します。

(特集)この夏人気のインテリア小物100選

夏ならではの蚊遣りや風鈴に、グリーンやひまわりなどのフラワーインテリア、涼しげなガラスやラタンの生活雑貨まで。この夏人気が高まるインテリアを一挙ご紹介します!お部屋に取り入れて、心地よい夏のコーディネートを楽しんでくださいね。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
この記事のタグ
同じカテゴリーの記事
人気の記事