BLOG

コサージュだけじゃない。晴れやかに装う、入学式・卒業式アクセサリーの選び方

こんにちは。クリーマ編集部の庄司です。

 

卒業式・入学式。新しい一歩を踏み出す子どもの成長を、改めて感じながら準備されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

卒業式・入学式に出席する時のアクセサリーを選んでいると、「やっぱりコサージュは必要?」「ネックレスはパールが良い?」「ピアス・イヤリングはどんなものがいいの?」など、疑問や心配ごとがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

今回は、卒業式・入学式に出席する時のアクセサリー選びのヒントや、おすすめのアクセサリーをご紹介します。自分らしく装えば、もっと特別な一日になりそうです。

入学式・卒業式アクセサリーを選ぶときに気をつけたいこと

卒業式・入学式は、子どもの節目を祝う式典です。基本的にはスーツに似合う、フォーマルで派手すぎないアイテムを選びましょう。昼間に行われる式典ですので、過度な光り物は避け、パールのアクセサリーを選ぶのがおすすめ。また、お祝いの席ですので、スーツを明るめの色にしたり、濃い色のスーツにはコサージュやスカーフなどで少し春らしい色物を取り入れてもおしゃれです。

卒業式・入学式にコサージュは必要?代わりになるアクセサリーは?

卒業式・入学式の定番のアクセサリーと言えばコサージュ。胸に花を飾ることは、お祝いの気持ちを表すという意味があります。

 

ですが、まだ小さな兄弟を抱っこで連れて行くから、繊細なコサージュは引っ張られてしまいそう…など、コサージュをつけにくい方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は、コサージュの代わりにネックレスやブローチを選べば、華やかな印象になりますよ。

 

卒業式・入学式の主役は子どもですが、親にとっても子どもの成長を改めて感じる日。お祝いの気持ちを込めて、おしゃれに装いたいですね。

ネックレスの定番パールは、服や他のアクセサリーとの相性で選んで。上品なダイヤもOK

卒業式・入学式に着けるネックレスは、定番のパールはもちろん、一粒タイプのものであればダイヤモンドなどの宝石もおすすめ。コサージュと一緒に着けるなら、一連で短めのパールネックレスや、シンプルなダイヤモンドのネックレスと合わせると、コサージュを引き立ててくれそうです。コサージュを付けない場合は、少し長めのネックレスや2連、3連のパールネックレスを着ければ、華やかさをプラスできますよ。

入学式*入園式*卒業式フォーマルネックレス&ピアス(イヤリング)

c.S.cさんのコットンパールのネックレスは、ゴールドチェーンとの組み合わせがシンプルで使いやすいデザイン。軽めの印象なので、コサージュと一緒につけても馴染んでくれそうです。セットのピアス(イヤリング変更可)と一緒につければコーディネートが完成。どんな色のスーツやコサージュにも合わせやすい、ベーシックなアクセサリーです。

『数量限定ハンドメイド2019』入学式/卒業式にも*ビジューロングパールネックレス アイスベージュ

コサージュを付けない時や、ワンピースに合わせる時におすすめなのが、ロングネックレスや2連タイプなどのボリュームがあるパールネックレス。sweet bijouxさんのロングネックレスは、とても軽量ながら美しい艶を持つ日本製の樹脂パールを使い、フォーマルな場にもぴったり。キラキラと輝くロンデルをあしらい、コサージュいらずの華やかさです。

『1/25まで送料無料 』ビジュー×フラワーコサージュのパールネックレス&ピアス/イヤリング

flowerさんのネックレスは、ビジューを添えたフラワーモチーフがポイント。モチーフが鎖骨あたりに来るように着ければ、ネックレス一本でブローチもつけているような華やかさになります。セットのピアス(イヤリング変更可)にも小さなお花とビジューが。

一粒ダイヤのネックレス(WTダイヤ)

大ぶりのコサージュをつける場合、ネックレスもつけると派手になりすぎそうで心配な方もいらっしゃるかもしれません。約2mmと小さなダイヤモンドが一粒輝くAtelier lysさんのネックレスは、デイリーにもフォーマルにも大活躍するシンプルなデザイン。重ね付けにもぴったりな、一本持っていると心強いネックレスです。

Marquis アクアマリン ネックレス シルバー925

きりっとクールな装いが好きな方には、シルバーのジュエリーがおすすめ。Cloudjewelryさんのネックレスは、マーキスカットのアクアマリンを活かした枠巻き仕上げ。シルバーカラーのピンブローチなどと組み合わせて、大人かっこいいスタイルも素敵です。

シンプルに装うブローチは、上品な素材感にこだわって

お花のコサージュを着けるのはなんとなく気恥ずかしい…という方におすすめなのが、コサージュと同じくジャケットの襟などにつけるブローチ。ゴールド・シルバーのブローチはもちろん、ほのかなツヤのある刺繍のブローチや、アンティークボタンのブローチなど、ジャケットやフォーマルワンピースと相性がいいものがたくさんありますよ。カジュアルになりすぎない上品さのある素材を選べば、フォーマルな席にもぴったりです。コサージュに比べると控えめな印象になるので、ネックレスを少し存在感のあるものにしたり、イヤリング・ピアスをプラスしたりしてバランスを取ると素敵です。

数量限定ハンドメイド2019 革花リース ブローチ ホワイト【GS-03】

革の小花を集めて小さなリースにした、prikishさんのブローチ。革の上品な雰囲気とホワイトカラーは、パールのネックレスとの相性も抜群です。程よい存在感で、参観日などの学校イベントにも活躍しそうです。

ワイルドストロベリーリース ブローチ

sizkuiroさんのブローチは、春らしいワイルドストロベリーがモチーフ。真鍮のゴールドカラーと相まって、優しく可憐な雰囲気です。ゴールド1色のブローチは、他のアクセサリーとの組み合わせもしやすいですよ。

【Atelier Amie】プラチナパールビーンズブローチ〜オートクチュールビーズ刺繍

オートクチュール刺繍の技法でつくられた、Atelier Amieさんのブローチ。シルバーカラーのガラスパールやスパンコール、ビーズがびっしりと刺繍され、華やかながらも落ち着いた佇まいです。同じシルバーカラーのパールのネックレスや、シルバーに宝石タイプのネックレスにも似合います。

白いあじさいの美濃焼ブローチ コサージュ

Butterflyさんの美濃焼の紫陽花ブローチ。白い釉薬の艶は、パールとの相性もばっちりです。淡い色のスーツを着る方には、色違いの紺色もありますよ。

ピアス&イヤリングはシンプルなものを一粒

フォーマルな席では、髪をアップスタイルにする方もいらっしゃると思います。耳が見える時には、ピアスやイヤリングを耳元にプラスするとより華やかな印象になります。派手になりすぎないよう、耳たぶに沿う一粒タイプを選ぶのがおすすめ。素材はパールや宝石など、一緒につけるアクセサリーに揃えるとまとまりよく見えますよ。

卒業・入学式✧K10YG シルバーカラー・淡水真珠7.5㎜✧ピアス

etoileさんのこちらのピアスは、シルバーカラーの淡水パールとホワイトの貝パールのリバーシブル。どちらを前にするかで、卒業式と入学式で装いを変えたり、スーツの色に合わせたりとコーディネートを楽しめます。

ホワイトオパールイヤリング 6㎜丸型

虹色の遊色が美しいホワイトオパールが耳元を彩る、grainさんのノンホールピアス。お揃いのネックレスを合わせてつけるのも素敵です。枠の色はシルバーにも変更出来るので、手持ちのアクセサリーに合わせて選んでみては。

Twist Silver Pierce(ピアス/イヤリング)
https://www.creema.jp/item/628095/detail

束ねたロープをふわっと結んだような、丸みのあるデザインが優しい印象のnaotjewelryさんのシルバーピアス。程よいサイズ感で、式以外でもデイリーからフォーマルまで幅広く使えます。お揃いのネックレスや、色違いのゴールドもあります。

せっかくの機会なら、やっぱりコサージュも選びたい

ここまで、コサージュの代わりにつけられるアクセサリーをご紹介しましたが、定番のコサージュはフォーマルな装いにふさわしいもの。普段付ける機会があまりないからこそ、お祝いの時にはぜひ選びたいアイテムです。

 

こちらの記事では、コサージュをお探しの方向けに、卒業式・入学式それぞれの装いのポイントや、コサージュの選び方の違い、色やタイプ別のおすすめコサージュをまとめています。コサージュ選びの参考にしてみてくださいね。

卒業式・入学式にすてきなコサージュの選び方。人気の色・タイプ別おすすめ20選
私らしい装いで、ハレの日をお祝いして。

卒業式・入学式は、子どもにとっても親にとっても一回きり。お祝いの気持ちを込めた素敵な装いで、思い出に残るセレモニーにしてくださいね。

この記事を読んだ方におすすめの記事・特集
(読みもの)[お呼ばれヘアアレンジPart.1]結婚式や入学式。お呼ばれのヘアアレンジも自分で。
いつもよりちょっと上品な雰囲気に仕上げたい。そんな時、アレンジ初心者さんでも自分でできる、数ステップだけの簡単ヘアアレンジをご紹介します。
(特集)入学式や卒業式、結婚式に使える 万能フォーマルワンピース&アクセサリー
フォーマルなシーンでもきちんと着られて、自分らしさを楽しめるワンピースやアクセサリー、小物をご紹介します。
(読みもの)今日の洋服に似合うネックレスの長さは?5種類のネックレスを実際に比較してみました。
37cm・40cm・50cm・76cm・103cmとチェーンの長さが異なる5本のネックレスに、襟付きのシャツ・Vネック・ハイネックの3種類のトップスをそれぞれ合わせ、その印象を比べてみました。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事