BLOG

柴犬にも実は色々。希少な「地柴」の特徴と柴犬グッズ 《11月1日は犬の日》

柴犬にも実は色々。希少な「地柴」の特徴と柴犬グッズ 《11月1日は犬の日》

こんにちは、クリーマ編集部の森永です。

凛々しい体格と健気な表情、真っ直ぐなまなざし、そして忠実で勇敢な性格……。そう、柴犬の話です。日本では現在1万頭以上が飼育されており、みなさんもご近所や町中でよく遭遇していることと思います。

 

ひとくちに柴犬といっても、実はその中には地域固有の「地柴(じしば)」が存在する、ということをご存じでしょうか? 日本犬保存会には「柴犬」1種類として登録されていますが、地域によっては毛色や顔立ち、しっぽの巻き方などに特徴を持った柴犬も存在します。

 

現在では希少となり、なかなか姿を見る機会の少ない地柴の特徴と、Creemaで見つけた愛嬌あふれる柴犬グッズをご紹介します!

【目次】

1.ところで「柴犬」の名前の由来って?

2.きりりとした姿の【山陰柴犬】

3.鮮やかな毛色が珍しい【美濃柴犬】

4.現存する柴犬のルーツ【信州柴犬】

5.Creemaで出会える柴犬グッズ

ところで「柴犬」の名前の由来って?

秋田犬や北海道犬など、日本犬の犬種名は、その出産地の地名で呼ばれることが多いですが、柴犬だけは違います。柴犬の「柴」って何なんだろうと、疑問に思ったことはありませんか?

柴犬の「柴」の意味には諸説あり、有力と言われる説には下記のようなものがあります。

・猟犬として野山に生えている雑木(=柴)の間を駆け回っていたことから

・枯れた雑木(=柴)に体毛の色が似ていることから

・信州の柴村で多く飼われていたことから

・「小さい」を意味する古語「柴」から

 ※日本犬の中で、柴犬は唯一の小型犬です

 

これらの説からも、柴犬が古くから人間と深く関わってきたことがうかがえます。

地域名がついていないのには、分布地が広いために地域ごとに特徴をもつ「地柴」が存在していたことも関係しているそう。続いて、現在も存在する代表的な地柴についてご紹介します。

きりりとした姿の【山陰柴犬】

鳥取県の地柴である山陰柴犬は、弥生文化とともに朝鮮半島から渡来した犬が祖先と言われています。スリムな体系をしていて、くるりと巻かれずに背中と平行に沿った「差し尾」や、尾の先が上向きの「太刀尾」の出現率がとりわけ高い系統だそうです。

 

戦時中の食糧難のみならず、戦後の感染症の流行では絶滅の危機にさらされました。当時のことは「向かうところ犬を撫で斬りにするような凄まじさで優秀な犬の多くを葬り、今なお”あの事件さえなければ”と悔やまれるほど山陰柴犬界に苛烈な爪痕を残しました」(山陰柴犬育成会)と語られるほど。しかし、地元の名士や愛好家が根強い努力を続け、近年はSNSで話題になったこともあり、現在の飼育頭数は約450頭にまで回復しています。

http://3inshiba.com/ferture.html
鳥取砂丘と山陰柴犬。右の子は尾が上を向いた「太刀尾」。

山陰柴犬の特徴

・背中とほぼ平行に沿った「差し尾」、尾が上向きの「太刀尾」の出現率が高い

・無駄吠えが少なく、物静かでおとなしい性格

・「キツネ顔」と称される、スリムで引き締まった外見と小さな顔

http://3inshiba.com/ferture.html
細身のシルエットの山陰柴犬。尾の先が背中と平行に沿った「差し尾」。

鮮やかな毛色が珍しい【美濃柴犬】

古くから岐阜県で猟犬として飼われていた美濃柴犬。その一番の特徴はなんといっても、目を惹く鮮やかな毛色です。一般的な柴犬は、お腹など体の内側に白い毛が生えていることがほとんどですが、美濃柴犬は一色です。

「朝日や夕日にあたると、まるで燃えているかのように毛色が美しく輝きます」(美濃柴犬保存会・代表理事の小森さん)

 

戦時中、毛皮や食用として捕獲されてしまったことで絶滅寸前まで激減しましたが、地元の愛好家や保存会の努力によって現在は約150頭ほどの飼育頭数に。いまなお大変希少な種類の柴犬です。

http://www.minosiba-gifu.server-shared.com/
赤毛で丸っこい体形の美濃柴。

美濃柴犬の特徴

・「緋赤」と言われる鮮やかな毛色

・一般的な柴犬と比較して、警戒心が少なく人懐っこい性格

・顔立ちは丸っこい「タヌキ顔」

※柴犬の顔立ちは大まかに、目が丸く鼻先が短い「タヌキ顔」と、きりっとした目元で鼻先が長い「キツネ顔」の2つに分けることができます

http://www.minosiba-gifu.server-shared.com/
美濃柴犬の子犬。

現存する柴犬のルーツ【信州柴犬】

信州柴犬は、現存している柴犬のルーツで、日本で飼育されている柴犬の99%が信州系だそうです。私たちが、柴犬と聞いてイメージする姿に一番近く、かつては長野や群馬の山間部で、狩猟犬として活躍していました。さらにルーツをたどると、台湾など南方の犬の血統に近いのだとか。現在は特徴にかなりの個体差があるためあえて列挙はしませんが、一般的に家族には従順で、それ以外の人にはクールな態度をとると言われています。

 

柴犬の特徴の一つに「柴距離」があります。もともと狩猟犬としての役割を担っていたことから警戒心が高く、たとえ飼い主であってもしつこい接触は好まない傾向にあり、付かず離れずの距離を保とうとします。この距離感を「柴距離」と呼び、その絶妙なツンデレ具合に夢中になる人も!

柴犬の子犬。

なじみ深い柴犬も、こうして見ると、毛色・しっぽ・体格など、特徴に幅があることがよく分かります。

 

昔から、私たちの良きパートナーであった柴犬。

日本犬らしいきりりとした外見や性格から、近年はヨーロッパでも人気を集めています。動画投稿サイトやSNSでは、愛くるしい柴犬の動画や画像が毎日のように更新され、柴犬フィーバーはとどまるところを知りません。

 

もちろんCreemaにも、愛嬌あふれる柴犬グッズがたくさん。

わが子の写真をもとにオーダーできる作品やユニークな作品、ながめているうちからハッピーになれる柴犬グッズをたっぷり集めました!

Creemaで出会える柴犬グッズ

★いつでも一緒。身に着けられる柴犬グッズ

しばちゃん1|N549

thuthu appetizingさんによる、柴犬・しばちゃんのネックレス。後ろが透けて見える作りで、お洋服と同じ柄に変身します。つけて歩けば、一緒にお散歩きぶん。

犬くん 柴犬

ため息がでるほど愛くるしさに見惚れてしまうhiish - イッシュ -さんのブローチ。シンプルなシャツやニットに、ちょこんと乗せてあげたくなります。立ち姿でおめめを閉じたバージョンも。

犬リング 柴犬

naturamaさんの、ずばり、犬リング。柴犬の特徴を細部まで再現したこだわりのリングです。毛並みや肉球、しっぽまで丁寧に作られた柴犬は、見れば見るほど癒してくれるはず。なんと、イヤーカフもあります。

黒柴のマメポ

かばんから取り出すたびに嬉しくなる、ies designさんの本革を使用したポーチ。ぺろりと舌を出して笑う黒柴を、思わず撫でたくなってしまいそう。

★一家に一匹と言わず何匹でも。お家に置きたい柴犬グッズ

柴犬(黄)※受注制作

北村日乃さんの、パーツがぎゅっと寄った顔が愛くるしいぬいぐるみ。目の上の白い眉毛がチャームポイントです。一目で虜になってしまう魅力の持ち主です。

なりきりさくらんぼのまゆ柴犬(赤柴・黒柴・白柴) 羊毛フェルト(アクレーヌ)※受注製作

羊毛フェルト作家kumakoroさんの、さくらんぼの被り物を被った柴犬。困りまゆにキュンとします。赤・黒・白の中から毛色を選べるのも嬉しいポイントです。クリスマスに向けて、サンタ&トナカイもおすすめ。

木製令和柴犬

ハナノさんの木工品は、なんと着色せずに自然の木の風合いで作っています。新元号に変わった今年、環境の変化があった方も多いのではないでしょうか。思い出の一品としておすすめしたい作品です。

めがね置き犬★受注制作★ご希望の毛色で!

上杉こまめさんの、羊毛フェルト製の柴犬のお顔。キュートなめがね置きとして活用できます。毛色も指定できます。(画像は黒柴ですが、指定しない場合は赤茶の柴犬となります)おもわず写真を撮りたくなりますね。

★うちの子の特徴で!オーダーできる柴犬グッズ

【オーダーメイド専用】ペットの肖像画/半立体

軽本美杏さんのこちらの作品は一見すると絵にも見えますが、なんと切り絵で制作されており、繊細さに息をのみます。「うちの子」インテリアに、半立体の肖像画はいかがでしょうか。

✩受注生産✩ ワンちゃん、ネコちゃんのオーダークッション  30cm

volvolvoさんの、ペットの写真を送るだけで作れるオリジナルミニクッション。いろんな表情や座り方で、何種類も作りたくなってきますね。両面プリントなのもポイントです。

【受注制作S】羊毛フェルト 柴犬 ミニサイズ ペット作ります オーダーメイド 愛犬 羊毛フエルト

羊毛フェルト職人tu_na1122さんの、特徴や模様をとらえて作ってくれる、手乗り柴犬。会社のデスクに置けば、いつでも大切な愛犬と一緒にいる気持ちになれそうです。

個性豊かな柴犬。みんな違ってみんな可愛い。

ここまで紹介した柴犬も、柴犬グッズも、多種多様に個性が光っています。Creemaでは、動物モチーフの作品はもちろん、首輪やリード、洋服にペット用の寝具まで、さまざまなペット用グッズもあります。

犬と暮らす人も、そうでない人も、犬がいる生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方におすすめの記事・特集

(特集)11月1日は犬の日 ワンワンワン!の111選

柴犬のみならず、チワワ、プードル、パグなど、いろんな犬種のアイテムを集めました。愛くるしい表情や仕草に癒されてください!

(特集)手づくりで楽しむ ペットとの暮らし

動物と暮らすあなたに。ハンドメイドならではのペットグッズを集めました。

(読みもの)”うちの子”にぴったり。愛犬と暮らす私が選ぶ、いま欲しい犬グッズ

愛犬と暮らすクリーマスタッフ3名に、愛犬との出会いやいま欲しいペットグッズを教えてもらいました。
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
この記事のタグ
同じカテゴリーの記事
人気の記事