BLOG

アーティフィシャルフラワーって何?ドライフラワー・プリザーブドフラワーとの違いやそれぞれの魅力

アーティフィシャルフラワーって何?ドライフラワー・プリザーブドフラワーとの違いやそれぞれの魅力

コサージュにヘッドドレス、リースなど、華やかな場面で使うアイテムに欠かせない「アーティフィシャルフラワー」。なんとなく耳にしたことはあっても、プリザーブドフラワー、ドライフラワーとの違いがいまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

実はアーティフィシャルフラワーは、年々技術が高まり、いまや世界中でその技術が評価され国内外で注目されているアイテム。

今回はアーティフィシャルフラワーの魅力や、ドライフラワー・プリザーブドフラワーと比較してそれぞれの使用に適した場面をご紹介いたします! もちろん、Creemaでみつかるおすすめ作品もたくさんお見せします◎

アーティフィシャルフラワーとは?その魅力と概要

▲アーティフィシャルフラワーを生花のように束ねたオーダーメイドクラッチブーケ。まるで生花のようなナチュラルさ。

アーティフィシャルフラワーについて、その可能性や正しい知識を広めるための活動をされている日本アーティフィシャルフラワー協会は、下記のように定義しています。

アーティフィシャルフラワーとは、生花をリアルに再現し、生花にはない美しさを表現した造られた花です。近年、欧米はもとより日本でも大変注目されており、年々クオリティも向上、生花では出せない高い芸術性と耐久性で、世界的に高い評価を受けています。

http://jafa-net.com/about/
▲日本アーティフィシャルフラワー協会公式サイトより。

造られた花、つまり造花の一種ではあるのですが、従来の「生花とは似ていない」「色合いが派手」「安価に作られている」といった造花のイメージとは一線を画す、超高品質なもの。生花の美しさをリアルに再現しながらも、生花よりも耐久性があり給水の必要がないため、近年はコサージュなどのアクセサリー、インテリアとしても使用されています。茎を自由に曲げられるのでアレンジの幅も広く長く飾れることから、結婚式などの華やかなシーンでも人気を集めています。

アーティフィシャルフラワーにお手入れは必要?

生花とは違い、給水の必要がないアーティフィシャルフラワー。人工素材で作られているから毎日のお手入れの必要はありませんが、より美しく長く楽しむためには下記のことに気をつけましょう。

・花や葉の表面、隙間に溜まったほこりを軽くはらう

・直射日光、強い照明を避けた場所に置く(紫外線による変色を防ぐため)

・油には弱いため、キッチンの近くに置く際は注意

本物のお花のような魅力を持ちながらも、長く楽しめる耐久性が魅力のアーティフィシャルフラワー。続けてプリザーブドフラワー・ドライフラワーの特徴と、それぞれの魅力をご紹介します!

プリザーブドフラワーとは?

▲ふんわりした質感とピンクの色合いが可愛らしいコサージュ。

プリザーブドフラワーとは、生花や葉を特殊な液に沈めて脱水・脱色した後、染料を吸わせることで好みの色へと仕上げ、長期保存が可能な加工を施したものを指します。

耐久性の面ではアーティフィシャルフラワーほどではありませんが、生花を使っているため花本来の柔らかを持ち、みずみずしい印象が特徴です。染色が可能なので生花とは異なる色合いを楽しむこともでき、1年以上の長期保存ができることも魅力の一つです。

 

長く楽しみたいけれど生花を使ったものにこだわりたいという方や、柔らかい質感を楽しみたいシーンにおすすめの素材です。染料を使っているため、濃い色のものは色移りに注意してご使用くださいね。

ドライフラワーとは?

▲ドライフラワーを樹脂スプレーで加工したナチュラルなピアス。

ドライフラワーとは、生花や葉をさまざまな方法で乾燥させ、水分を抜いたもの。(詳しくは、ドライフラワーの簡単な作り方を紹介したこちらの記事をご参照ください!)

生花やアーティフィシャルフラワーとは違う、アンティークのような褪せた色合いと、水分の抜けた固めの質感が特徴です。保存期間は半年~1年と言われていますが、樹脂コーティングしたりハーバリウムにしたりと、加工次第では長く楽しむことも可能です。

 

シャビーシックな雰囲気、大人っぽい雰囲気でお花を楽しみたい方におすすめの素材です。

お花の魅力を楽しむハンドメイド作品10選

その耐久性とアレンジの幅の広さが魅力のアーティフィシャルフラワー、生花のような柔らかさを楽しむプリザーブドフラワー、アンティークな風合いを持つドライフラワー。それぞれが違った方法で、お花の持つ美しさを活かしています。

 

結婚式などのイベントはもちろん、お家で使えるリースや普段使いできるアクセサリーなど、Creemaにはお花を使った作品がたくさん。まだ外は寒いですが、春が恋しくなるような明るい色合いの作品もどんどん増えてきています。お花の魅力が存分に表現された、おすすめ作品をご紹介します!

長く使える!アーティシャルフラワーの作品

「Creema限定」「送料&CT触媒コーティング無料サービス」ミモザ&ラベンダーのリース

GrandGrueさんの、ミモザやラベンダーなどのアーティフィシャルフラワーをあしらったリース。土台は約30cmと存在感があり、お部屋をぐっと明るく彩ってくれます。ポンポンのように丸く黄色い花をつけるミモザは、実はCreemaでも毎年大人気の花。うす紫のラベンダーとの相性も抜群です。生花にも負けないナチュラルな可愛らしさを持つリース、ぜひ家の中で長く飾ってくださいね。

恐竜アレンジ 多肉植物 Creema限定 ポイント11倍

なんと、多肉植物のアーティフィシャルフラワーもあるんです!こちらはフラワーアレンジメントクリエイターmana☆★さんの作品。カラフルな多肉植物・恐竜の色合いが、お子さんにも喜ばれそうです。簡単そうにみえて育てるのが難しい多肉植物も、この作品なら安心して飾ることが出来ますね。

ラナンキュラスとバラのコサージュ(ベージュ&モーヴピンク)A【アーティフィシャルフラワー】卒業式 入学式 結婚式

フラワーデザイナーDELPHI(デルフィ)さんのコサージュは、モーヴピンクとオフホワイトの優しい色味がフォーマルな場面にもぴったり◎ 入園式などでお子さんが触っても、耐久性の高いアーティフィシャルフラワーなら安心です(※強く引っ張ると取れる恐れがあります!)ひとつ持っていれば様々なタイミングで使えそうなナチュラルな作品です。

花びらのネックレス(アンティークブルー)

アヴェック・ラ・フルール*アクセサリーさんの、アーティフィシャルフラワーを使った花びらのネックレスです。写真のように、シンプルなお洋服に合わせるとよく映えます。セットのピアスもあります。お好きな色の花びらで制作することも可能だそうで、着用シーンとお洋服が決まっている方は、ぜひ相談してみてください。

柔らかな雰囲気を楽しむ!プリザーブドフラワーの作品

プリザーブドフラワー 銀トラ猫の水差しアレンジ ブリザードフラワー プリザ クリアボックス入

hananekoraraさんの、柔らかな質感と色合いが可愛らしいプリザーブドフラワー作品。陶器の猫のリラックスした表情にも癒されます……!ふんわりとした薔薇の花びらの表現は、プリザーブドならでは。色違い(ピンク)もあるので、お部屋の雰囲気にぴったり合う子を見つけてみてください。。猫好き仲間へのプレゼントにもおすすめです!

【Creema限定】グリーンの三日月ウッドフレームアレンジ~リバーシブルで楽しめる~プリザーブドフラワー❁

Fu-Rinka❁風凛花さんのグリーンアレンジは、表と裏との両面で異なるデザインを楽しむことが出来ます。ガラスで覆われているため、お花にほこりが付く心配もありません。グリーンのフレッシュさ・爽やかなイメージが損なわれることなく仕上がっており、新築祝い・引っ越し祝いにも喜ばれそうな作品です。

charmant (シャルモン) プリザーブドフラワー ピンク 誕生日 ・退職祝い・記念日

ぎゅっと詰まった鮮やかな色合いの花たちにおもわず見惚れてしまう、pepiementさんのボックスアレンジメント。手のひらに収まるサイズで、家はもちろん職場のデスクなど様々な場所で心を癒してくれそうな作品です。お世話になった人へのプレゼントや、自分へのちょっと特別な贈り物として、お迎えしてみてはいかがでしょうか。

ナチュラルな雰囲気!ドライフラワーの作品

植物標本 ボタニカルパネル HA-175

ドライフラワーを素材に使った作品を手掛けるmilwaukieさん。こちらのパネルは、手作りの額にドライフラワーとプリザーブドフラワーを、標本風に飾り付けたもの。実は、HMJでmilwaukieさんの作品を直接拝見したのですが、写真で見る以上に繊細で可憐な雰囲気に一目惚れ。新生活・新年度に向けて、気分転換に模様替えをしたい方にもおすすめです。

宝石質AAAクォーツとヒメツルソバのピアス(天然石, レジン, ステンレス, 送料無料)

フレッシュドライ製法で仕上げたヒメツルソバの花を使った、自然な色合いを楽しめるユニークなピアス。ミチクサさんの作品です。クリアなレジンやグレードの高い水晶と組み合わせることで、季節を通して透明感を楽しむことができます。天然素材ならではのナチュラルな発色が、お顔まわりをさりげなく華やかに彩ってくれそうです。

ドライフラワーのスワッグ 〜お花畑 カラフル ユーカリ かすみ草

おーか 〜天使のいるところ (はな)さんの、人気のお花のドライフラワーを使ったスワッグ。いろんなお花を使っているため、見る角度によって印象も変わります。お部屋の壁にさりげなく吊り下げるだけで、大人可愛い雰囲気に。「お花を飾りたいけど、生花はお手入れが大変……」と感じている方も取り入れやすいはず。

生花だけじゃない!もっと自由にお花の魅力を楽しもう

お花を楽しむ、と聞くとどうしても生花をイメージしてしまいますが、ライフスタイルによっては毎日のお手入れや給水が難しいことも。そんな人も、アーティシャルフラワーやプリザーブドフラワー、ドライフラワーであれば、気軽に「お花のある生活」を楽しむことができます。

 

長く使いたいアクセサリーなのか、インテリアとして質感を重視したいのか。

今回の記事が、目的に応じてお花を選ぶ際の参考となれば幸いです。

 

Creemaにはまだまだお花を使った作品がたくさんあります。ひとくくりに「お花」といっても、色・形・組み合わせなど、一つとして同じものはありません。

ぜひ、「これだ!」と思える作品探しをお楽しみください。

この記事を読んだ方におすすめ!

(特集)お花を身に付ける ナチュラルアクセサリー

本物のお花を身に着けられるアクセサリーをご紹介します。ドライフラワーやプリザーブドフラワーが、丁寧にアクセサリーに加工されています。一つとして同じ形はない、世界に一つだけのお気に入りがきっと見つかるはず。

(読みもの)お部屋を手軽に彩るガーランドの意外な歴史。飾り方とおすすめ作品10選

簡単にお部屋を明るくできる「ガーランド」。イベント用から普段使いまで、様々なデザインがあります。なかでもドライフラワーを使った作品は大人気。おすすめ作品と、ガーランドの飾り方のアイデアをご紹介します!
ブログで紹介する▼
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください
同じカテゴリーの記事
人気の記事